心とカラダのブログ

ハイビスカス

西アフリカ原産の植物です。

人の背丈より大きく育ち、2~3メートルあります。

花は、9月から11月頃に開花します。

ティーに使用する部分

フラワーショップなどで販売されているハイビスカスは、観賞用のものです。

ハーブティーとして利用される品種は、ローゼルと呼ばれています。

花の色はクリーム色で、がくほうが、赤黒い色をしています。

ティーに使用する部分は

  • がく(花びらの外側)
  • ほう(つぼみを包んでいた葉)

です。

主要成分

  • 有機酸
  • アントシアニン
  • ペクチン
  • カリウム

ハイビスカスティーに含まれる有機酸は、クエン酸リンゴ酸です。

疲労回復や美肌効果、抗酸化作用があると言われています。

アントシアニンは、抗酸化作用や視力改善する働きがあります。

ペクチンは、食物繊維の一種で血糖値や、コレステロール値を抑える働きがあります。

カリウムは、利尿作用を促すことで、ムクミなどを改善してくれます。

オススメブレンド

ハイビスカスティー単体の色は、キレイな赤色をしています。

見た目にも美しく、味も酸味があり美味しく、特に女性にオススメしたいハーブティーです。

また、ローズヒップと大変相性がよく、同量(1:1)ブレンドがオススメです。

ローズヒップには、ビタミンCが多く含まれ(レモンの10倍)、日焼け後のお肌回復や疲労回復に期待できます。

 

学名 Hibiscus sabdariffa
科名 アオイ科

 

関連記事

  1. ゼラニウム・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP