心とカラダのブログ

観光バスとアロマの二足のワラジ

6月29日のブログ更新から、随分時が流れてしまいました。

ブログを書かない間に、梅雨が明け、夏本番となり台風到来の季節となりました。

皆さんお元気でしょうか?

夏の疲れが出る頃ですから、小まめに休息の時間を作ってくださいね。

 

さて、今迄心花のブログでは、個人的なことは皆さんにお伝えして来ませんでした。

でも、本日は、どういう気持ちで、何を目指しているのかをお伝えしたく、ブログで書くことにしました。

 

心花は、平成25年5月にオープンしましたが、開店準備を始めたのは平成24年の8月からです。

着々と準備を進めている最中、平成24年10月に父が倒れました。

一時は生死を彷徨いましたが、何とか危機は脱し安定して来たので、平成25年5月にオープンいたしました。

数ヶ月置きに入退院をする状況でしたが、それなりに有意義な3年間を送れたと思っております。

でも、今年4月に検診を受けに病院へ行き、自宅に戻って一息ついたら、心臓が止まり呆気無い最期を迎えてしまいました。

まさか自分の父親の心臓マッサージをするとは、想像もしてなかったので、当時はショックが大きかったです。

 

それからまもなく、今度は父の妹(私にとって叔母)も、病気で亡くなり、たった1ヶ月で身内が2人もいなくなるのは、耐えられませんでした。

 

命ってなんだろう?

人生ってなんだろう?

毎日考えていました。

 

私が生まれたのは、父が28歳の時です。

なので、単純に計算して私の寿命は、あと28年となるでしょう。

あと28年で、人生の終わりを迎えるならば、今迄都合が合わず出来なかったこと、諦めていたことを、やって行こうと考えました。

その1つに、バスの運転手がありました。

元々、車の運転が大好きで、20歳の頃はマイカーに手を加えては、休日峠道を走行する日々を送っていました。

スムーズに且つ迅速に、ギアーダウンしコーナー突入、フルパワーでコーナーを抜ける…

…なんてことをしていたので、次は大型車を運転してみたいな~と思っていました。

でも、家族が許す訳もなく、また免許を取ったところで、働く場もなく諦めていた過去があります。

残りの人生が、28年しかないならば、今、ここで叶えてみたいと思いました。

そして、行動に移そうとした瞬間、全ての歯車が噛み合いました。

思い立ったら吉日♪から

たった19日間で免許証を手に入れてしまったのです。

 

幾ら頑張っても、夢が叶わない時もある。

でも、叶う時はトントン拍子に行くんですね。

皆さんも、諦めずに夢を持ち続けてくださいね。

歯車が噛みあう時が、必ず来ますから。

バスの運転手になり、アロマサロン心花はなくなる?と思った方は、何人いらっしゃるでしょうか?

でも、どちらも両立させます!

友人にも、間逆な仕事の両立なんて、無理!と言われましたが

 

厚切りジェイソンさんの言葉を借りて

二足のわらじを履くからこそ広がる世界がある!

 

と行きたいですね。

皆がやっていることを、やったところで先が見えています。

やってないこと

タブーと言われていることを、やってこそ新しい道が拓ける。

新たな挑戦です。

 

バス運転手とセラピストを、自律神経に例えるならば

大人数の生命を預かる、過酷なバス運転は交感神経。

アロマは、副交感神経。

ON、OFFを上手く切り分け、皆さんにとっても快適な生活が送れる提案を、送り続けたいと思っています。

過酷さを知っているセラピストだからこそ、伝えられるものがあると思っています。

これからも、どうぞ宜しくお願いします。

 

 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP