心とカラダのブログ

観光バスとアロマの二足のワラジ

今迄心花のブログでは、個人的なことは書かないようにして来ました。

でも、本日は、どういう気持ちで、何を目指しているのかをお伝えしたく、ブログで書くことにしました。

心花は、平成25年5月にオープンしましたが、開店準備を始めたのは平成24年の8月からです。

当時、色々と悩みを抱えていました。

明るい兆しなど何一つなく、途方に暮れていたのですが

同じ悩むなら、夢であったサロンオープンさせることに悩もう!と決め

準備を始めました。

そんな矢先の平成24年10月に父が倒れました。

風邪をこじらせ、肺炎になったことが原因ですが、肺気腫(倒れた後に家族に医者から告知される)があるので、健康な肺がわずかしかなく人工呼吸器をつけることとなりました。

一時は生死を彷徨いましたが、何とか危機は脱し安定して来たので、人工呼吸器は離脱でき、父の看病をしつつ平成25年5月に心花をオープンいたしました。

父は、数ヶ月置きに入退院をする状況でしたが、最初に救急搬送された日から3年間元気でいてくれました。

外食に一緒に行ったり、買い物に行ったり、父が望んでいたバーベキューに連れて行くことは出来ませんでしたが、それなりに思い出をたくさんつくれました。

平成28年3月、桜が満開でしたので、父は花見をしたいと言っていたのですが、環境の変化から体調を崩すので、通院日に花見をしようと話をしていました。

そして、平成28年4月に検診を受けに病院へ行きました。

レントゲン・血液検査・尿検査ともに値が良く、ホッとしながら、病院の庭に咲く桜を鑑賞しました。

(皆で写真を撮れば良かったと、凄く後悔)

いつも通院から戻ると、父を降ろした後に酸素ボンベを車から出して、ボンベを父に渡し、父はボンベを杖代わりにして玄関入るのですが、その時は何故か父の背中が名残り惜しく、玄関にから部屋に入るまで見送っていました。

最初に異変に気づいたのは、母でした。

父の唸り声が聞こえてきて、部屋に行くと父は顔面蒼白だったそうです。

母からのコールで父の部屋に入り、息をしていないことを確認し心臓マッサージをしました。

体重が身長が180センチ、体重が80キロ近くあるので、軽くはないのですが私も必死だったのでしょう。

時折抱き起こしながら、救急車が来るまで心臓マッサージをしました。

幾ら親子でも、人工呼吸(マウスツーマウス)が出来ませんでした。

でも、心臓マッサージをする際、口から空気が漏れる音がするのです。

肺に空気が入っているんだと、それだけが頼りでした。

しかし、搬送先の病院で蘇生を施したのち、死亡診断となりました。

呆気ない最期でした。

父は、4人兄弟の長男ですので、亡くなったことを叔父叔母に連絡すると、叔母が癌で入院していることを知りました。

それも珍しい癌で、治癒の見込みがないことも…。

父が亡くなった1ヶ月半後に、叔母も亡くなりました。

たった1ヶ月で身内が2人もいなくなるのは、耐えられませんでした。

命ってなんだろう?

人生ってなんだろう?

毎日考えていました。

私が生まれたのは、父が28歳の時です。

なので、単純に計算して私の寿命は、あと28年となるでしょう。

あと28年で、人生の終わりを迎えるならば、今迄都合が合わず出来なかったこと、諦めていたことを、やって行こうと考えました。

その1つに、バスの運転手がありました。

元々、車の運転が大好きで、20歳の頃はマイカーに手を加えては、休日峠道を走行する日々を送っていました。

スムーズに且つ迅速に、ギアーダウンしコーナー突入、フルパワーでコーナーを抜ける…

…なんてことをしていたので、次は大型車を運転してみたいな~と思っていました。

でも、家族が許す訳もなく、また免許を取ったところで、働く場もなく諦めていた過去があります。

残りの人生が、28年しかないならば、今、ここで叶えず何時出来るんだ?という思いに拍車がかかりました。

ちょうどその時に、夫がバス会社様と婚活バスを運営し始めた時で、トントン拍子に話が進みました。

教習所に通い、試験を受け思い立った日から、19日間で免許証を手に入れました。

悲しみのどん底から、一転して嬉しかったですね。

小さな幸せが寄り集まって、大きな幸せになるのだと実感できた時でした。

幾ら頑張っても、夢が叶わない時もある。

でも、叶う時はトントン拍子に行く。

諦めなければ、どんな夢も実現するのだと思いました。

アロマサロン心花は、3年目に転機を迎えたわけですが

私が勤務しているバス会社様は、観光バス(路線バスと観光バスがあります。)なので基本、日曜日と祭日が私の勤務日です。

十分両立が出来ます。

友人には、全く関連性がないし、仕事の両立なんて、無理!と言われましたが

厚切りジェイソンさんの言葉を借りて

二足のわらじを履くからこそ広がる世界がある!

と行きたいですね。

皆がやっていることを、やったところで先が見えています。

やってないこと

タブーと言われていることを、やってこそ新しい道が拓ける。

新たな挑戦です。

バス運転手とセラピストを、自律神経に例えるならば

大人数の生命を預かるバス運転は、交感神経。

アロマは香りで癒される、副交感神経。

ON、OFFを上手く切り分け、皆さんにとっても快適な生活が送れる提案を、送り続けたいと思っています。

過酷さを知っているセラピストだからこそ、伝えられるものがあると思っています。

これからも、どうぞ宜しくお願いします。

関連記事

  1. 頭をかきむしる若い女性

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP