心とカラダのブログ

色が変わるハーブティー・マロウブルー

お気に入りの香りを嗅いだり、身にまとうことは、気持ちを穏やかにしたり、やる気を起こしたりしますね。

精油の効果効能を知らなくとも、好きな香りは、心の底からいやされます。

でも、精油は、飲む事が出来ません。

幾ら身体に良くても、濃縮した精油は内臓を傷める毒性があります。

ハーブティーとして

精油は飲めませんが、生のハーブや乾燥させたハーブを使い、ハーブティーとして飲むことが出来ます。

ハーブティーも植物(ハーブ)により、効果効能が違いますが、健康を維持する飲み物として、いかがでしょうか?

ハーブにお湯を注ぐと、ジュースみたいにキレイな色が出るものもあり、味だけではなく色としても楽しめますね。

また、ノンカフェインのものが多いので眠る前とか、お子さんと一緒に楽しめますよ。

鮮やかなブルー色のティー

ブルー色に染まるハーブティーといえば、ウスベニアオイまたはマロウブルーといいます。

お湯を注ぐと、鮮やかな青色で、時間が経つと紫色に変化していきます。

マロウブルー(青色)

お湯を注いだ直後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マロウブルー(パープル色)

時間の経過と共に、パープルに

 

 

 

 

 

 

 

 

色の移り変わりを楽しみながら、ゆっくりお茶をいただくのも良いのですが、目の前で一瞬に色を変えることもできます。

魔女みたいに、チチンプイ♪と呪文を唱える・・・ではなくて

レモンを絞って注いだり、カルピスを入れると、ピンク色に早変わり♪します。

色が変わる理由

なぜ色が変わるのでしょうか?

マロウブルーの色は、アントシアニンという色素の一種で、酸性だと赤色に、中性だと紫に、アルカリ性だと緑色に変化します。

アントシアニンは、pHによって分子の構造が変化するので、色が変化するんです。

面白いですね

レモンやカルピスの酸によって、青からピンクへと変化します。

酸に反応したマロウブルー

酸に反応したマロウブルー

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様には、カルピス20mlに、80~100mlのマロウブルーティーを注げば、味&色とも喜ばれますよ。

作用

マロウブルーは、色を楽しむだけではなく、神経を穏やかにする働きもあるので、喉の痛みや咳を鎮めてくれます。

喉の痛みには、水やお湯で抽出したもので(ハーブティー)、うがいをするのもオススメです。

また、粘膜の保護をしてくれるので、胃腸などの不調の時にも、オススメのハーブティーです。

 

科名 アオイ科
学名 Malva sylvestris
使用する部分 花弁
主要成分 アントシアニン・タンニン

 

関連記事

  1. facebook icon
  2. 手作りひな壇

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP