心とカラダのブログ

香りが嫌いという方へ

時々「私は香水が嫌い」とおっしゃる方がいます。

本来、香水は「いい匂い」と思うから身に付けるものです。

でも、人によって好き嫌いがありますから、ある人はいい匂いと思っていても、別の人はクサイ、と思う人もいるわけです。

また、香水と言っても何百種類とありますから、全ての香水の香りを嗅いだこともないのに、香水が嫌い、というのもな…と思うのですが、無理強いは出来ませんから「そうなのですね」で終わらせていました。

2種類の香水

でも、ある時憎しみを込めて言われたことがあります。

「私は香水が大嫌い!!」と

さり気なくお話を聞くと、合成香料の香り(市販されている香水)が嫌いということでした。
どうやら、人工的な香りと、自然の香りを混同しているようでした。

このブログを読んでいる方の中にも「香水は嫌い」と思っている方がいるかもしれません。
そのほとんどの方は、人工的な香り(合成香料)を嫌い、と言っていることが多いようです。

そんなアナタには、植物から抽出された精油がオススメです。

香水(合成香料)

一般的に「香水」といわれているもののほとんどは、合成香料を調香して作られます。

合成香料には、大きく分けて2つあります。

  • 化学物質(アセチレンやベンゼンなど)から作られる。
  • 天然物(動物・植物)から、人為的操作を行い作られる。

合成香料は、自然界にある香りを真似て作られています。

天然香料

ここでいう天然香料とは、植物(花・草・根・樹脂など)から圧搾・蒸留などにより香り成分を抽出したものです。

いわゆる精油のことです。

香りは好みの問題

天然香料ならいい香りで、合成香料ならクサイという訳ではありません。

また、天然香料の香りも、人により好みというものがあります。

同じ香り(精油)でも、「良い香り」と表現される方がいる一方で、「臭い」と顔をしかめる方もいます。

でも、1つの香りが臭く感じたから、私は香り(精油)が苦手だと思わないで欲しいと思います。

空気は無臭じゃない

中には、合成香料と天然香料の、どちらもイヤだ、無臭が良い、という方もいます。

でも、無臭だと感じている空気でも、色々な匂いが混じり合っています。

意識を集中すれば

  • 植物の匂い
  • 土の匂い
  • 生活の匂い(食事・洗濯・入浴時などの)

様々な匂いがして来ます。

また、同じ香りを長時間嗅ぐと、匂いが分からなくなる「鈍化」という現象が起こります。

本当は匂いがあるのに、無臭だと思っているということです。

無臭だと思っているだけで、私たちは様々な匂いの中で生活をしています。

香りは体調や環境、精神状況で変わる

このように、私たちの周りには香りがあふれています。

香りには好みがありますし、体調やその時の気分に応じて、好む香りも変わって来ます。

嫌いだと思っていた香りも、環境が変わるだけで好きになることもあります。

今、この匂いが嫌いだからといって、しばらくすると好きになることだってあります。

子どもの頃嫌いだったピーマンが、大人になったら大好き、というようなことだってあります。

なので、今現在、その香りが嫌いだからといって、今後も嫌いと決めつけないで欲しいのです。

沢山ある精油を嗅いでみてください。

かならず好きな香りが見つかります。

また、嫌いだと思っていた「香り」が、ある時劇的に変化するかもしれませんよ。

 

アロマサロン心花では、精油の楽しさを知る、アロマ講座を開講しております。

時にはマンツーマンでも行っておりますので、深い話しもOKです。

香りが嫌い!と思われている方は、特にオススメです。

 

アロマ講座は、こちらから↓

icon-aroma

 

 

 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP