心とカラダのブログ

カモミールジャーマン

和名を、カミツレといいます。

1年草の植物で、花が終わる頃に枯れます。

落ちた種が発芽し、翌年も咲くので毎年楽しめます。

しかし、精油の品質としては、色・香り共に劣ってきます。

また、カモミールは近くに植わっている植物を、元気にさせることから「植物のお医者さん」を意味するコンパニオンプランツとして、植えられることもあります。

歴史

カモミールと言う名は、ギリシャ語で「地面のリンゴ」という意味です。

中世までは、頭痛や腹痛などの痛みに、薬草として使用されていたようです。

精油

美しい青色をした精油です。

それは、精油に含有している芳香成分である、カマズレンによる色です。

香り

甘くスパイシーな香りです。

ハーブティー

カモミールには、ジャーマン種とローマン種がありますが、ハーブティーとして飲まれているものは、ジャーマン種になります。

胃がもたれる時や、イライラして眠れない時に、オススメのハーブティーです。

主な成分

  • カマズレン(2~10%)
  • ビサボロール誘導体
  • ビサボレン誘導体

作用

  • 抗炎症・抗ヒスタミン・抗アレルギー作用
    (カマズレン)
  • 抗炎症作用
    (ビサボロール誘導体・ビサボレン誘導体)

 

ジャーマン種の学名は、Matricariaといいますが、これは「子宮」を意味する言葉で、昔は婦人科系の病に薬(草)として使用されてきたことから、付けられました。

また、母子関係が希薄な時に、芳香浴として使用するのも良いです。

 

キク科の植物に、アレルギーがある方は使用できません。

科名 キク科
学名 Matricaria chamomilla
産地 エジプト・フランス・ドイツ・モロッコ
採油方法 花・水蒸気蒸留法
揮発速度 ミドルノート

 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP