心とカラダのブログ

チュべローズ(月下香)

ローズと名前に付きますが、薔薇とは全く別物のリュウゼツラン科の植物です。

(ヒガンバナ科にも属する)

7月から9月にかけて、白い花を咲かせる植物で、和名の月下香の名の通りに、月が出る頃(夜)に咲いた花の香りが、とても芳醇で魅力的な香りです。

1Kgの精油を採取するのに、3,600Kgの花が必要です。

 

八重咲きは観賞用として、一重咲きは香料として使われています。

1920年頃に、フランスのグラースでは、75トンのチュべローズの花が収穫されていたそうです。

科名 リュウゼツラン科
学名 Polianthes tuberosa
産地 中央アメリカ・モロッコ・エジプト・インド・台湾
採油方法 花・溶剤抽出法
揮発速度 トップノート

関連記事

  1. 桜・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP