心とカラダのブログ

超臨界流体抽出法

超臨界抽出法

液体ガス(二酸化炭素、ブタン)を超臨界状態にし、芳香成分を抽出する方法です。

二酸化炭素の臨界点は、31.06度・71気圧です。

 

臨界点とは、液体が液体として蒸気と共存できる限界の状態…難しいですね

超高圧を掛けた状態での沸点が、臨界点…更に難しいですね

 

簡単に説明しますと

植物投入
抽出器に植物を入れます。
抽出器を加圧
二酸化炭素を加圧し、抽出器に流し込みます。
混合
液化した二酸化炭素に、植物の芳香成分が混じり合います。
分離
その後、圧力を弱めていくと、液体が気化します。
抽出
そして、残ったものが精油となります。

 

利点は、熱や水による精油成分の変質を防げるので、自然に近い芳香成分が抽出できます。

また、抗酸化成分も抽出できるので、鮮度が長く保てます。

 

 

 

関連記事

  1. 頭をかきむしる若い女性

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP