心とカラダのブログ

ダイエット茶として、いかがですか?

小学校では、3年生になると、理科の授業が始まります。

理科の授業で、最初のお持ち帰りが「蚕(カイコ)」です。

長男が3年生(1999年)の時は、カイコの餌は生葉でしたが、長女の時は(2013年)タブレット型の餌になりました。

近年では、虫が苦手なお子さんも多いためでしょうか、飼いやすく配慮されています。

1匹ずつ仕切りがされていて、タブレット餌(葉を乾燥させて固めたもの)を入れて観察する感じです。

長男の時は、親子共々ニョロ系が苦手で、しかも生葉でしたから、世話をするのも大変でした。

 

さて、話が変わりますが、カイコの餌となる植物といえば桑の葉ですね。

桑は、科名がクワ科の植物で、学名はMorus albaと言います。

実(み)は、マルベリーという名前でも、親しまれています。

食べたことがある方は、ご存知だと思いますが、手や口の周りが紫色に染まります。

つまみ食いしたら、直ぐにバレます(笑)

 

そして、桑の葉の成分に、デオキシノジリマイシンというものがあります。

このデオキシノジリマイシンというのは、小腸からの糖吸収を抑える働きがあり、食前にお茶として飲用すると、ダイエット効果があります。

 

また、腸内のビフィズス菌の働きを高めるので、便秘の改善にも有効とのこと。

女性にとっては、嬉しいこと尽くしですよね。

気になる桑の葉のお味ですが、ちょっと苦みのある味で、ほうじ茶とかギムネマ茶に味が似ています。

苦手な方も多いかもしれませんが、糖尿病予防やダイエットに役立つならば、味は二の次として飲まれることをオススメします。

味に慣れたら、おいしくいただけるかも♪

※マルベリー茶、桑茶、で検索してみてください。

 

 

関連記事

  1. エコ・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP