心とカラダのブログ

香りによって神経細胞を目覚めさせる。

脳の細胞は全体で、1千億個あると言われていますが、日常の暮らしの中で使われている脳細胞って何パーセントでしょうか?

  • 100%
  • 50%
  • 30%
  • 10%
  • 3%

 

 

 

答え・・・

なんと3%と言われています。

残りの97%は、お休み中ってことですね

このお休み中の脳が起きてくれたら、例え高齢となっても認知症なんか怖くないのに!なんて思ったりもします。

 

ところで、香りは何処から吸収され、何処に辿りつくのか覚えていらっしゃいますでしょうか?

詳しくは、アロマの香り効果で説明していますが、鼻から入った香りは、大脳辺縁系の嗅覚野という所に到達します。

その時に、脳の中に仕舞われている情報と、やり取りを行い「におい」として認識します。

香りを嗅いだ時に

  • あの香りだ!懐かしいな
  • 美味しそうな匂い♪食べたい

と、脳は電気信号として、やり取りをしているんですね。

 

また、嬉しいことに、嗅神経は成人しても細胞が再生してくれます。

再生するということは不死身♪

香りを嗅いで、脳を刺激するということは、若返りの秘訣かもしれませんね。

 

知り合いのお母様ですが、90歳を過ぎてから、味覚障害が出て来たとおっしゃっていました。

娘さんが仕事をされているので、食事作りはお母様なのですが、濃い味付けだったり甘過ぎたり、調味料を間違えてる?と思われる程、酷かったそうです。

そろそろ無理なのかな…と思っていたそうですが、やはり長年やっている家事を、取り上げるのは生き甲斐をなくしてしまうのではと不安もあったそうです。

娘さんは、アロマテラピーが好きで、毎日何かしら精油を焚くようにしました。

最初は、怪訝そうなお顔をしていたお母様も、徐々に精油を焚くのを楽しみにされていたようです。

 

月日が流れて、お母様の味覚障害も改善されて来たと喜ばれていました。

大脳辺縁系を刺激する!

眠っていた脳が、目覚めたんですね。

こんな話を聞くと、私はテンションが上がります

色々な場面で、精油が活用出来たら良いですね。

 

関連記事

  1. ハンド・トリートメント

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP