心とカラダのブログ

女友達・イメージ

同じ年令なのに、若く見える人と老けて見える人

女友達・イメージ20代までの若いうちは、同年齢で見た目の違いは余りないですが、30代も後半になってくると、同じ年齢なのに若く見える人、老けて見える人に分かれると思いませんか?

それは、なぜでしょうか。

老けて見える原因

30代になると、20代と比べて色々な所に変化が出て来ます。

  • シミやソバカスが目立つようになる。
  • 顎のラインが、シャープではなくなる。
  • 目の下にクマができる。

お肌の表面(シミやくすみ)だけではなく、身体の中も年齢と共に変化します。

同じ年令なのに、老けて見える人の違いは何だと思いますか?

 

一番の理由は、「たるみ」

次に「シワ」です

たるみの前兆と原因

加齢と共に、頬の毛穴が、目立ち始めます。
その毛穴が、気になり始めた時が、たるみが始まった証拠なのです。

筋肉量は、20歳前後をピークに、年々減少していきます。
加えて、お肌の水分量も低下していきます。
皮膚や、皮下脂肪を支えているのは筋肉なので、その筋肉が減少することで、皮膚や皮下脂肪を支えられなくなります。

支えられなくなったことで、たるみが起きてきます。

若さを保つ一番の秘訣は、筋肉量を減らさない!ことですね。

筋肉量が減るのは胃腸が原因

筋肉のもととなる栄養素は、良質なタンパク質です。
そのタンパク質を吸収するのは、胃腸です。

胃腸の働きが弱いと、栄養吸収が悪くなり全身の筋肉量が減ります。
また、運動不足による筋肉量低下もあります。

年齢と共に下腹が出てくるのは、内臓を支える筋肉が弱まって来ているからです。

さらに、筋肉が弱まっているところに、食べ過ぎにより胃が下の方へ落ち、消化能力が弱ってきます。

胃腸が健康でなければ、良い筋肉を維持出来ません。

胃腸を強化するには

胃腸を良好な状態にするには

  1. 植物性のものを食べる。
  2. よく噛む。
  3. 食べ過ぎない。
  4. 寝る2時間前に、食べ終わる。

以上4つが、重要です。

昨今は豊食時代ですから、手を伸ばせば色んな食材があります。

お腹が空いたから食べるというより、時間が来たから~とか、美味しそうだから~で食べてしまいます。

空腹時に細胞を修復する

口さみしいからと、間食をしたり、あまりお腹が空いていないけど時間が来たから食事を取る、というのでは、胃腸の状態を良好には保てません。

なぜなら空腹の状態の時に、傷ついた細胞を修復するからです。

誰しも持っている長寿遺伝子は、飢餓状態にならないとスイッチが入りません。

長寿遺伝子は、活性酸素を取り除いたり、細胞の修復などをしてくれます。

断食まではしなくても、お腹がグーッと鳴ってから、1時間程我慢をしてから食事をする。

それだけでも胃腸の状態は、改善されます。

その時も、よく噛む・食べ過ぎない・野菜中心の食事は大事です。

シワに効果のあるアロマオイル(精油)

皮膚には、バリアー層というものがあり、栄養を表面から与えても、浸透させることが出来ません。

その点、精油は分子量が小さいので、バリアー層を抜けて、奥まで成分を送ることが出来ます。

皮脂バランスを整え、皮膚やコラーゲンの再生を促したり、細胞修復やキメを整える効果が期待できる精油を、ご紹介します。

  • 皮脂バランスを整えたり、皮膚の再生を促す精油⇒イランイラン
  • コラーゲン産生⇒カモミール・ローマン
  • 皮膚の再生⇒クラリセージ・ラベンダー
  • 収れん(キメを整える)⇒サイプレス・サンダルウッド・ジュニパー・パチュリ・フランキンセンス
  • 細胞修復⇒ネロリ・ベチバー・ベンゾイン・ミルラ

上記の精油を使い、アロマトリートメントを継続し行うことも、若さを保つ秘訣です。

筋肉の流れを無視したり、過度な力を入れたマッサージは、かえってシワやたるみを作ってしまうので、注意をしてくださいね。

以上のように、筋肉を強化しながら、皮膚を良好な状態に持っていくことが、若さを維持することに繋がります。

  • 胃腸を健康的に保ち、筋肉量を減らさない。
  • お肌のケアを怠らない

いつまでも年齢より若くいたいですね。

 

 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP