心とカラダのブログ

ユーカリ

ユーカリは、コアラの主食としても知られている木です。

生命力が大変強く、70m~100m程に生育します。

オーストラリアの先住民であるアボリジナルは、ユーカリの葉をキノと呼び、傷を手当する時に巻いて使っていたそうです。

ブルーマウンテンのいわれ

オーストラリアでは、山火事が多く、その原因の1つがユーカリだと言われています。

夏季にユーカリの成分(精油)が、大放出し、その量は景色が青くかすむ程です。

その影響で、遠くに見える山脈が、青く見えることからブルーマウンテンと呼ばれるようになりました。

世界征服する植物

山火事が起き、一面焼け野原になっても、ユーカリの種は固く、熱にも強いので灰になることはありません。

やがて、芽が出て大きく育ちます。

周辺が青くかすむ程、精油を飛ばすのは、山火事を起こす由縁でもありますが、他の植物を焼き払い、ユーカリが生き残るための手段かもしれませんね

精油の種類

ユーカリは600種類ほどあります。

その中からエッセンシャルオイル(精油)として、流通しているものは下記の5種類です。(今後増えるかも?)

  • グロブルスEucalyptus globulus
  • ラディアータEucalyptus radiata
  • キトリオドラ(または、レモンユーカリ)Eucalyptus citriodora
  • スタイゲリアナEucalyptus staigeriana
  • ケモタイプペパーミントEucalyptus dives ct piperitone

香り

清涼感のあるスッキリとした香りです。

染みわたるような清涼感は、グロブルスとなります。

グロブルスの清涼感より、弱くしたのがラディアータとなります。

フルーティーな香りは、キトリオドラとスタイゲリアナになります。

主な成分

  • 1.8-シネオール
  • γテルピネン
  • α-ピネン
  • パラシメン

作用

  • 弛緩・去痰・抗炎症・抗菌作用
    (1.8-シネオール)
  • 抗菌・殺菌作用
    (γテルピネン)
  • 発汗・血行促進作用
    (α‐ピネン)
  • 抗炎症・鎮痛作用
    (パラシメン)

イギリスでは、グロブルス種から採取される精油で、気道カタルやリウマチの治療薬として使用されているようです。

 

私個人として、風邪のひき始めに使用しています。

以前、風邪をひくと必ず、副鼻腔炎になっていました。

昔で言う蓄膿症です。

花粉症の鼻水は、水っぽくサラサラしていますが、副鼻腔炎の鼻水は、黄色味があり粘り気があります。

時には、青みがかった不思議な色のときもあり、しかも鼻をすするのでは追いつかないほど、大量な鼻水なので、難儀していました。

でも、副鼻腔炎になりそうな前に、マスクに精油を1~2滴垂らして、芳香浴をするだけで副鼻腔炎にはならずに、今のところ済んでいます。

私にとっては、有り難い精油でもあります。

 

科名 フトモモ科
学名 Eucalyptus globulus
産地 中国・オーストラリア・北アメリカ・メキシコ
採油方法 葉と枝・水蒸気蒸留法
揮発速度 トップノート

 

*子どもや高血圧の人には、使用は控えます。

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP