心とカラダのブログ

フランキンセンス

紀元前の時代から、宗教用の香りとして使用されてきました。

和名は、乳香(にゅうこう)といいます。

イエス・キリスト生誕の際に、祝う品としてミルラ(没薬)とともに捧げたと伝えられています。

咳をしずめたり、お肌のアンチエイジング効果があるといわれています。

 

しわや、たるみが気になるお肌に、植物油に希釈して(精油の量は、1%)塗布します。

また、蜜ろうを加えて、クリーム状に作れば持ち運びや、外出先での塗布がし易いです。

クリームの作り方は、こちら

香り

スモーキーな香りです。

サンダルウッド(白檀)から、甘さを取った香りで、スッキリとしています。

主な成分

  • αピネン
  • リモネン
  • α-ツジェン
  • β-ミルセン
  • サビネン
  • パラシメン

作用

  • 免疫機能向上(αピネン)
  • 抗ウイルス・脱毛予防(リモネン)
  • 鎮痛作用(α-ツジェン)
  • 強壮・機能促進作用(β-ミルセン)
  • 殺菌・抗炎症作用(サビネン)
  • 鎮痛作用(パラシメン)

風邪のひき始めに、芳香浴として使用したり、植物油で希釈し(精油濃度は1%)胸に塗布すると、呼吸が楽になります。

加齢肌のケアとしても、力を発揮してくれる精油で、男女共に使いたい精油です。

 

 

科名 カンラン科
学名 Boswellia carterii
産地 エチオピア・イラン・レバン・アラブ
採油方法 樹脂・水蒸気蒸留法
揮発速度 ベースノート

関連記事

  1. 頭をかきむしる若い女性

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP