心とカラダのブログ

ローズウッド

ローズウッドは、40mほどの高さに生育する常緑高木です。

重く固い材質であることから、高級家具の材料として使われています。

その木の美しさから、フランスでは飾り棚やブラシの柄などに使われてましたが、乱伐により数が激減しました。

現在の主な産地はブラジルですが、ワシントン条約の規制対象植物で、今は手に入りにくくなっています。

そのためローズウッドとして流通している精油は

  • 木から抽出してないもの
  • 葉から抽出したもの
  • 化学合成したもの
  • 成分が似た同じクスノキ科の植物(ホーリーフ)を使用したもの
  • 規制まえに収穫したもの
  • 独自に栽培したもの

ということになります。

ローズウッドと呼ばれている木は、他にツルサイカチ属の木がありますが、精油が採れるのはクスノキ科の木になります。

香り

別名ボア・デ・ローズとも呼ばれ、ローズを思わせる香りです。

香水に使われてきた香りで、近年になりアロマテラピーに導入されました。

主な成分

  • リナロール
  • α‐テルピネン
  • cis‐リナロールオキサイド

作用

  • 鎮静・血圧降下作用
    (リナロール)
  • 抗炎症・抗菌作用
    (α‐テルピネン・cis‐リナロールオキサイド)

鬱っぽい気分を、和らげる作用があるので、芳香浴として使用するのもオススメです。

また、シワやニキビ肌にも有効です。

科名 クスノキ科
学名 Aniba rosaeodora
産地 ブラジル・ペルー
採油方法 木部・水蒸気蒸留法
揮発速度 ミドル~ベースノート

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP