心とカラダのブログ

ドロドロ

ドロドロ…余り良い言葉ではないですね

精油を買ってから、暫くするとドロドロになっていた経験はないですか?

香りもフレッシュさが消え、酸化してしまったような匂いになっていたとか…。

 

柑橘系の精油は、開封後半年しか保存が出来ません。

果皮から圧搾するので、不純物が入りやすいという事と、酸化しやすいという理由からです。

その他の精油は、約1年くらいです。

 

では、なぜ日にちが経つと、ドロドロになるのでしょう?

 

それは重合といって、分子量の小さい物質が結合を繰り返し、分子量が大きい物質になるから、ドロドロになるんですね。

小麦粉を例にしますと、初めはサラサラしていた小麦粉ですが、水を加えていくと、ネバネバになりダンゴになる感じですね。

 

その他にも、物質が酸素と結合し、変化することを「酸化」といいますし、水分子と反応して「酸」と「アルコール」に分かれることを、「加水分解」といいます。

 

このようなことが、小さな精油瓶の中で徐々に起きてくるので、フレッシュな精油を扱うことが大切となります。

勿論、アロマサロン心花ではフレッシュな精油のみを、使用しております。

 

余談ですが、私が初めてエッセンシャルオイルを買ったのは、今から20年位前になりますが、当時は海外からのお取り寄せでしたので、価格も高く勿体ないから使えなかったのです。

そうこうしているうちに、「重合」が起きたのでしょう。

ドロドロになった精油を、キャリアオイルで薄めて使って、次の日の朝、見事にかぶれていた…経験があります。

しかも、お腹と足に塗ったので、人前で掻くに掻けず辛かったです

 

我が身をもって、精油の扱い方を特訓しました

そして、その経験を皆様にお伝え出来ると自負しております。

 

関連記事

  1. 女友達・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP