心とカラダのブログ

和紙で作るディフューザー(芳香器)

越前和紙を利用して、ディフューザーを作ります。

越前和紙とは

越前和紙は、1500年前から作られている歴史ある和紙です。

楮(こうぞ)・三椏(みつまた)・雁皮(がんぴ)の樹皮の下にある軟らかな繊維を使っています。

和紙を漉く際に、繊維同士がくっつかないように、トロロアオイのとろみで分散させています。

身の回りにある越前和紙

江戸時代からは、越前和紙は、紙幣としても使われています。

現在では、証券や証書などの書類の紙として、または建築材料(襖・障子など)としても使用されています。

ディフューザー作品

越前和紙は、吸収性・通気性共に優れているので、アロマ芳香器として8月の講座で作ります。

kami3

顔料系のインクを使っているので、にじみも少ないです。

絵を描くのが苦手な方は、こちらをオススメします。

kami2

ペンを使って絵を描くのも可愛いですよ。

お子様の夏休みの思い出に、如何でしょうか?

インク種類によっては、にじむ場合もありますが、味がある作品になるかもしれません。

こちらの作品は、油性のペンで描いています。

kami1

 

型抜きした後、色紙をはさんでもキレイです。

精油3ml付きです。

付属している精油は、800円~5,000円相当の精油です。

レアな精油は、先着順となりますので、お早めにどうぞ♪

開催日時・費用など詳細は、こちらから↓

detail

関連記事

  1. 温泉に浸かる若い女性/イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP