心とカラダのブログ

レイキについて

レイキ療法の歴史

レイキは、1922年に臼井甕男(うすい みかお)先生が、京都の鞍馬山にて21日間断食をし、感得した療法です。

全ての存在の根源であるエネルギーを、「霊気」と臼井先生が名付けました。

そのエネルギーを活用して、心身を活性化させて自然治癒力を高める方法を、レイキ療法と言います。

臼井先生が1926年(大正15年)3月9日に、62歳で亡くなったあとアメリカに渡りました。

カナダ・イギリス・ドイツ・オーストラリア・中南米・インド・シンガポールに普及し、世界中で体験されたのちに、1980年代に日本に逆輸入という形を取り現在に至ります。

レイキって何?

目には見えませんが、手のひらから癒しのエネルギーが放射されていることは、本能的に皆さんもご存知と思います。

  • お腹が痛いときに、手でお腹を擦っている
  • 子どもが痛がる場所を、母親が手で撫でる
  • 打つけた時に手で擦る

痛い場所を、無意識で撫でていますよね。

そして、痛みが和らいだ感覚を、皆さんお持ちだと思います。

この「感覚」を、アチューメントというエネルギー伝授により、更にパワーアップし、ヒーリング効果が体感出来るようになります。

私が、レイキを知ったキッカケ

私がレイキを初めて知ったのは、小学校低学年の時でした。

日曜日に早く目が覚め、テレビをつけると中南米の人たちが、映し出されていました。

手に何かコップみたいなものを持ち、口を尖らせている人。

もう1人は、椅子に座り合掌をしている人。

「不思議な事をしているオジサン達がいる!」と子ども心に思いました。

勿論その頃は、レイキなんて言葉も知りませんから、伝授している光景に呆気に取られたのです。

でも、よく言いますね。記憶は感情とセットになると、忘れないって

だから何十年経っても、記憶が薄れなかったと思います。

それから30年ほど経過した頃、アロマセラピストの資格を取りました。

施術を繰り返し行なっているうちに、感覚が研ぎ澄まされていく。

ちょっとだけ、怪しい?話をしますと、オーラが鮮明に見え始めて、その方の思いが伝わるような感覚を持ちました。

その時に、情報を探していましたら、レイキという言葉に出会ったのです。

アチューメント(レイキ伝授)を受けて

そこで子どもの時の記憶と繋がったのです。

あのオジサン達の不思議な光景は、「レイキ伝授」だったんだと

今迄、断片的に情報がありましたが、どれも繋がりはありませんでした。

それが、あれも!これも!と繋がっていくのですから、とても嬉しかったのです。

また、レイキを学ぶ少し前に、数字が気になったり、目を瞑ると数字の羅列が出てくる事が、頻繁にありました。

その時は、特別、気にかけてはいなかったのですが、レイキを初めて学んだ日に、レイキとの出会いは偶然ではなく、必然だったのかもと思うようになったのです。

  • 臼井先生が生まれた年は、1865年8月15日。
  • 私が生まれた年は、1965年で、生まれた時間が、8時15分。
  • 臼井先生が亡くなられた月日は、3月9日。
  • 私が、生まれた月日は、3月8日。

最初のレイキとの出会いから、再会するまで、長いこと時間がかかりましたが、再会出来たことに感激しました。

アロマトリートメントとレイキ

前置きが長くなりました…

私たちの周りには、色んなエネルギーが満ち溢れています。

植物の子孫繁栄の1つに、種があります。

その種は、水と土の力を借りて、芽を出します。

草木が伸び花を咲かせます。

その花は、実を作ります。

草木花が大きく成長する姿は、目に見えますが、大きくさせる為の力は目には見えませんよね。

私たちもまた、動物や植物の命をいただいて、今現在生きています。

命をいただくことで、力が湧いてきますよね。

植物の持つ沢山の「力」を大切にして行きたいという思いから、「自然のパワー(力)」であるレイキを取り入れ、アロマトリートメントとミックスさせることで、心身共に健康を保つお手伝いが出来ればと考えております。

 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP