心とカラダのブログ

桜・イメージ

桜の香りがする精油トンカビーンズ

桜・イメージ
毎年、3月中旬を過ぎると、いつ桜が開花するかと気になりますね。

段々と太陽の光が強くなり、ポカポカ陽気になる頃、一斉に桜の花が開き始めて、心もウキウキします。

そして店先では、桜の葉を使った和菓子や、最近では桜の花のおこわも目につきます。

桜の香りは、生きている花や葉には、余り感じませんが、乾いた状態や塩漬けになると香りが出てきます。

その香りの成分が、クマリンという物質です。

クマリンを含む精油

クマリンを多く含む精油に、トンカビーンズという精油があります。

1800年代に、香水の原料としても使われていました。

クマリンは、フェノール酸系のポリフェノールで、リラックス効果があります。

また、血栓予防の薬としても、使われているようです。

香り

パウダリーな甘い香りです。

桜の葉の香りや、カラメル(甘さの中に苦味がある)の香りを連想します。

お菓子などの香り付けに、トンカビーンズが使われています。

成分と作用

トンカビーンズはクマリンを多く含みますが、その他にも以下の成分が含まれています。
これらの成分と作用をご紹介します。

  • クマリン
    血行促進・抗酸化・抗菌作用など
  • 1.8-シネオール
    抗炎症・去痰・抗菌作用など
  • g-ツヨン
    鎮静作用
  • カンファー
    血行促進・消炎作用など
  • β-カリオフィレン
    鎮痛・抗うつ・抗炎症作用など

桜の香りレシピ

トンカビーンズの精油があれば、桜の香りを表現したフレグランスを作成しやすいのですが、レアな精油なのでなかなか店先で手に入れることができません。

そこで、トンカビーンズなしで、桜をイメージしたブレンドを紹介します。

  • ジャスミン
  • サンダルウッド
  • バニラ

1:1:1の配分でも、パウダリーな桜のイメージが表現出来ますが、花のイメージを強調したい時は、ジャスミンを2、他の精油を1の配分でも良い香りがします。

精油のブレンド

アロマサロン心花では、毎月1~2回アロマ講座を開講しています。

また、個別対応も承っております。

レアな精油も入荷しておりますので、色々な香りを試香しながら、アロマグッズを作成してみませんか?

メルマガ会員に登録しますと、割引サービスもございますので、登録をお待ちしております。

mailmag_min

 

 

科名 マメ科
学名 Dipteryx odorata
産地 フランス
採油方法 実・溶剤抽出法
揮発速度 ミドルノート~ベースノート

クマリンは、肝毒性の報告がありますが、大量に飲用したり常用しなければ、特に問題はございません。

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP