心とカラダのブログ

油脂吸着法(アンフルラージュ・マセレーション)

木目

木枠(中央はガラス板が付いている)に、脱臭した脂(牛・豚などの脂肪)を塗りつけます。

その脂に花片を並べて、花の芳香成分を脂に移します。

2日程経ったら、新鮮な花片と交換します。

それを30日間続けて、芳香成分が脂に移ったら(ポマードという)、エチルアルコ-ル使い、脂から芳香成分を取り出します。

その後、アルコールを除去します。

アンフルラージュ

常温で芳香成分を吸着させる場合は、冷浸法(アンフルラージュ)と呼びます。

マセレーション

60~70度に加熱した油脂を使用する場合は、温浸法(マセレーション)と呼びます。

花の精油が加熱した脂肪に染み込んだら、冷却後エタノール処理をして精油を採取します。

 

アンフルラージュにするか、マセレーションにするかは、摘み取った後も香りの発散と生成が行われているかに因り、方法が変わります。

アンフルラージュ→摘み取った後も、香りの発散と生成が変わらない花。

マセレーション→摘み取った直後に、香りの発散の生成が変わる花。

 

現在、油脂吸着法で採取された精油は、わずかしか流通してません。

 

 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP