心とカラダのブログ

寒さにも負けず、水太りにもならない飲み物?

寒い冬、身体を動かせば温かくなるとは思っていても、寒さに身は縮こまりますね。

動かないから身体が温まらない。

寒いから身体が動かない。

どちらが先なのでしょうね(^_^;)

また、身体を動かさないと血流も悪くなり、本来排出される毒素が停滞し、身体にムクミが出ることがあります。

飲んだ水は、身体を通過して排出されれば、水太りはしません。

身体が温かくなり(血流が良くなる)、むくみも解消でき(腎臓機能UP)、すっきり爽快感がある食べ物と言ったら

何だと思います?

それは生姜(しょうが)です。

生姜は、生薬として、中国では紀元前500年から使用されているスグレモノです。

成分

生姜には、ギンゲノール(またはジンゲノール)という辛味成分があります。

このギンゲノールは、熱を加えることによりショウガオールというものに変化します。

ショウガオールは、ギンゲノールより身体を温めてくれる作用があるようです。

また、健胃作用や鎮吐作用(吐き気を抑える)もあるので、食べすぎた時や吐き気(車酔い&つわり)にも良いそうです。

利用法

身体に良いとは分かっていても、辛味が苦手な方もいらっしゃると思います。

老若男女どの世代でも、喜んで口に出来るものと言えば

ジンジャエール(いきなり感強いですが…^^;)

今回は、簡単に出来て、誰でも好んで飲めるジンジャエールをご紹介いたします。

材料

  • 生姜・・・200グラム
  • 砂糖・・・150グラム
  • レモン・・・1個
  • はちみつ・・・小さじ2
  • 水・・・400cc
  • 炭酸水・・・1.5リッター

作り方

  1. 生姜は皮をむき、粗目の千切りにします。
  2. レモンは、皮をむき(苦味が出るので)輪切りにします。
  3. 鍋に、1と2を入れて水を加え、砂糖とはちみつを入れます。
  4. 火にかけて、沸騰したら弱火にして5分煮ます。(煮すぎると苦くなるので注意)
  5. 粗熱を取り、容器に移し替えます。
  6. 冷蔵庫で3時間寝かせて、出来上がり♪

生姜を粗く千切りにします。

生姜、レモン、砂糖、水を入れて煮ます。

飲み方

3時間寝かせた生姜液を3、炭酸水を7の割合でカップに注ぎます。

その時に、生姜&レモンがカップに入らないように、茶こしなどを使うと便利です。

または、生姜液3に、熱湯7の割合でカップに注げば、温かい飲み物にもなります。

ジンジャエール(ジンジャー3、炭酸水7)

風邪をひいた時にも

生姜は身体を温めますし、喉が痛い時にも喉をスッキリさせてくれます。

風邪の初期症状(喉の違和感や痛み、寒気)を、和らがせてくれます。

そんな時に、ササッと生姜液を作って、炭酸水または湯割で召し上がるのも良いですよ。

生姜液と水(炭酸水や湯)は、5対5の割合がオススメです。

 

 

関連記事

  1. 頭を抱えて寝転がるほど悩む女性

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP