心とカラダのブログ

ベンゾイン(安息香)

エゴノキ科の大木から採れる樹脂を、溶剤抽出法で採り出したものが、ベンゾインと呼ばれる精油です。

ベンゾインの産出国は、スマトラとタイです。

スマトラ産より、タイ産のベンゾインは、バニリンを多く含むので香りが良いですが、生産量が少なく現在流通している殆どは、スマトラ産となっております。

 

別名を安息香といいます。

香り

香りは、甘いバニラの香りで、他の香りとブレンドしますと、香りの保ちがよいです。

古くから薫香として使われて来ました。
(精油を含む樹脂を、焚いて香りを漂わせる)

ぽわんと和む香りなので、仕事中や勉強中には向きません

主な成分

  • 安息香酸コンフィニル
  • カルボン酸エステル
  • バニリン

作用

  • 鎮静・鎮痛作用(安息香酸コンフィニル)
  • 抗炎症作用(カルボン酸エステル)
  • 抗酸化作用(バニリン)

乾燥肌や、しもやけ・あかぎれに効果的です。

明るい気持ちにさせてくれる精油なので、気持ちが滅入る時にもオススメです。

 

眠気を誘うこともあるので、集中したい時の使用は避けた方が良いです。

科名 エゴノキ科
学名 Styrax benzoe
産地 スマトラ・タイ・ジャワ島・インド・マレーシア
採油方法 樹脂・溶剤抽出法
揮発速度 ベースノート

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP