心とカラダのブログ

ベルガモット

最初に栽培された都市が、イタリアにあるベルガモなので、その地名に由来しています。

また、コロンブスがこの木をカナリア諸島で発見して、スペインとイタリアに導入したとも言われています。

苦味が強い果実なので、香り付けとして利用されています。

香り

ベルガモットの香りは、甘くフルーティーな香りで、アールグレイ(紅茶)の香り付けとしても有名です。

多くの人に好まれる香りです。

主な成分

  • 酢酸リナリル
  • リモネン
  • リナロール
  • ベルガプテン
  • ベルガモテン

作用

  • 神経の興奮を鎮める(酢酸リナリル)
  • 血行促進(リモネン)
  • 鎮静・血圧降下作用(リナロール)
  • 気持ちを明るくさせる(高揚)作用(ベルガプテン)

ベルガプテンとベルガモテンは、光毒性があります。
肌につけた後、日光を浴びると、肌が黒くなったりシミになりますので、最低でも6時間は直射日光は浴びないように注意をしてください。

イライラしている時や緊張している時に、オススメの精油です。

また、脂性肌のスキンケアにも良く、痛いニキビのケアに良いです。
(夜に、ブレンドオイルを塗布し、朝起きたら洗い流します。)
ベースオイル10mlに対して、ベルガモットの精油1滴。

科名 ミカン科
学名 Citrus bergamia
産地 イタリア・モロッコ・チュニジア・ギニア
採油方法 果皮・圧搾法
揮発速度 トップノート

 

関連記事

  1. アロマ・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP