心とカラダのブログ

ベチバー

イネ科の多年草植物で、精油の抽出部位は「根」です。

東南アジアの国々では、マットやすだれにしたり、インドでは、根を乾かしてタンスの防虫剤として使われていました。

主要成分は、ベチロール・ベチボン・ベチベロン・ベチベンで、パチュリより重い静寂の精油と呼ばれています。

攻撃的になった心を落ち着かせますが、香りにクセがあるので濃度に注意します。

またスキンケアや頭皮のケアにも良いです。

ブレンドオイルを作る際は、フラワー系の香りが合います。

科名 イネ科
学名 Vetiveria zizanioides
産地 インドネシア・インド・タヒチ
採油方法 根・水蒸気蒸留法
揮発速度 ベースノート

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP