心とカラダのブログ

ベチバー

イネ科の多年草植物で、精油の抽出部位は「根」です。

東南アジアの国々では、マットやすだれにしたり、インドでは、根を乾かしてタンスの防虫剤として使われていました。

緊張を解きほぐす鎮静作用があることから、静寂の精油と呼ばれています。

主な成分と作用

  • ベチべロール
    神経系の興奮状態を緩める。
  • ベチボン
    肝臓強壮作用・鎮静作用
  • ベチベロン
  • ベチベン

生育地によって、成分含有量が変わるので、成分表を確認してください。

香り

攻撃的になった心を、落ち着かせてくれる土のような香りです。

精油は粘度が高く、香りもクセがあるので、濃度に注意してください。

また、緊張を和らげる効果もあるので、一日の終わりに頭皮のマッサージに使用するのも良いです。

ブレンドオイルを作る際は、フラワー系の香りが合います。

子供・妊婦の方は不可です。

科名 イネ科
学名 Vetiveria zizanioides
産地 インドネシア・インド・タヒチ
採油方法 根・水蒸気蒸留法
揮発速度 ベースノート

関連記事

  1. アロマ・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP