心とカラダのブログ

事実は1つ、とらえ方はアナタ次第

考えこむ男女

病は気から、とよく言われます。
気持ち次第で健康にもなれば病気にもなる。

つまり、心と身体は密接につながっているということを、昔の人は知っていたのでしょうね。

その気持ちや感情をコントロールすることが出来れば、病気を減らし、健康になれると思いませんか?

身心一如(しんしんいちにょ)

心身一如とは、仏教用語で「肉体と精神は、ひとつで分けることが出来ないもので、表裏一体だ」というような意味だそうです。

身体が健康でエネルギッシュであっても、心が病んでいれば、やがては身体も病気になってしまうし、反対に心が元気でも身体が健全でなければ、やがて心も病んでいきます。

東洋医学でも

  1. 喜ぶ
  2. 怒る
  3. 心配・不安
  4. 思う
  5. 驚く
  6. 恐れる
  7. 悲しむ

の7つの感情が、極端に高まった時に、五臓に影響が出ると言います。

喜ぶことは良いことだらけ?

喜ぶことは、良いことでもありますが、ドキドキ感が止まらない程の喜びは、心臓を傷めます。

例えば、遊園地に行き新しいアトラクションに、並んで待っている時に、ワクワク感とドキドキ感がありますね。

楽しい気持ちでいる筈なのに、心臓の鼓動は激しい・・・。

それが長く続くと、当然なことながら心臓にダメージがかかります。

コントロール出来ないほどの怒り

また感情がコントロール出来ない程、怒りがある時は肝臓を傷めます。

ストレス発散!とばかりに、お酒を飲んでも問題が解決する訳ではないですから、一時的に開放された気分になっても、心の中には「怒」があります。

更に、肝臓はアルコール分解をしなくてはなないのですから、肝臓にとってはダブルでダメージを与えます。

楽しいお酒を飲みたいものですね。

心配事や不安

そして、心配事や不安を考える(思う)ことは、胃腸にダメージを与えます。

ストレスや悩み事を抱えているときは、胃腸の働きが悪くなるので、胃痛や食欲不振になりますね。

更に、驚きや恐怖は、腎臓を傷めます。

腎臓によって、必要なものは再び使われて、老廃物は膀胱に送られて尿となります。

それらの作用を、主水作用と言います。

ビックリした時や恐怖におののく時は、この主水作用が働かなくなります。

悲しみが続くとき

悲しみが極端に続くときは、気が消失して肺を傷めます。

呼吸が浅くなっていたり、欠伸が多かったりしませんか?

以上のように、心の状態が、身体の状態に通じます。

感情のコントロールが健康な身体をつくる。

感情を持った人間ですから、怒ったり、泣いたり、笑ったり、悲しんだりします。

ですが、考え方1つで辛さが、楽しさに変わりますし、楽しいことも苦しくなったりします。

そんなバカな!!!と思われたましたか?

人間万事塞翁が馬

ところで、人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)という言葉をご存知でしょうか?

中国の淮南子(えなんじ)という古い書物に書かれているそうで、人間とは「にんげん」ではなく「じんかん」で、世間という意味です。
そして、塞翁とは、お城の近くの城塞に住んでいる翁(おきな)、つまり老人のことです。
その老人にまつわる話です。

ある日、その老人の飼っている馬が逃げ、気の毒に思った近所の人が慰めに行ったところ

(馬が逃げたことは)悪いことかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

と言います。
しばらくすると、逃げた馬が、多くの馬を引き連れて戻ってきました。
近所の人は、良かったね、とお祝いにいったところ

それは良いことかもしれないし、悪いことかもしれない。

と言います。
すると、その馬に乗った息子が落馬して骨折してしまいます。
近所の人が慰めにいったところ

骨折したことは悪いことかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

と言います。
すると、近くで戦争が起き、近所の若者はみんな戦死してしまいましたが、その息子は骨折していたため、戦いに行けず、無事だった。

という話です。
良いこと、悪いことは予測出来ないものであり、見方によっては悪いところもあり、良いところもある、というような話です。

物事には裏と表がある

1つの物事には、必ず表と裏があります。

事実は一つですが、どう受け取るかは、本人の自由です。

例えば、人間関係で悩み苦しみ、怒りがあったとしても、自分が何に対して悩み苦しんでいるのかを、知るキッカケが出来ます。

身体の不調は辛いものですが、その不調になった原因である生活習慣を、見直せるキッカケになります。

生きている限り、悪いと思っていたことも、良いことが含まれていたり、反対に良いことと思っていたのに、悪いことが含まれていたりと、色々なことがあります。

どんなことも良いことがありますから、良い面を見続けることが、心の平安ひいては身体の健康に繋がるのではないでしょうか。

カラーキューブセラピーの白と黒

カラーキューブにも、白と黒の色があります。

全ての感情を総和させて、愛に変えていくカラーセラピーです。

漆黒の宇宙は、全ての色が溶け込んだ色。

全ての色を抱えて、調和させていくというメッセージがあります。

光があるから、影になる闇が存在する。

どちらもなくてはならない白と黒です。

あなたの考え方や、捉え方次第で、苦痛にも楽にもなれます。

そして、考え方や捉え方次第で、健康な身体にも病にもなってしまいます。

 

どうぞ、我が身を傷めることなく、2015年を健やかに暮らしたいものですね。

 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP