心とカラダのブログ

アロマ・キャンドル&アロマ・フィズ&和紙ランプシェード作り

12月に入ると、街のあちらこちらでイルミネーションが光輝き、子どもも大人も心踊ります。

LEDが登場してからは、イルミネーションも年々豪華になり、陽が落ちるのも楽しみになって来ました。

また、クリスマスといえば、連想するものにキャンドルがありますね。

揺らめく炎を眺めて、ロマンチックな気分になりますが、本来は、暗闇を明るく照らすキリストの象徴として、儀式に使用してされてきました。

アドベントキャンドル

日本では、クリスマスイブだけお祝いするイメージが強いですが、正式にはクリスマスイブから数えて4週間前の日曜日から、準備を始めるそうです。

そのことを、アドベント(到来)と言います。

4本または5本のキャンドルを用意し、毎週日曜日に1本ずつ灯していきます。

2週目日曜日、3週目と灯したあと、4週目に4本全てのキャンドルを灯します。

 

それぞれのキャンドルには、意味があり

<1本目>

聖アンデレ(キリストの一番弟子)の日(11月30日)から、一番近い日曜日に、1本目のキャンドルを灯します。

そのキャンドルは、「予言」を意味しており、未来に向けて祈りながら灯します。

<2本目>

「天使」を意味しています。

世界の平和を祈って、キャンドルに火を灯します。

<3本目>

「羊飼い」を意味しています。

毎日生活出来ることを感謝しながら、キャンドルに火を灯します。

<4本目>

「ベツレヘム」八方に光を放つ八芒星(はちぼうせい)を意味しています。

周囲から愛を注がれて生きていることに、感謝をしながらキャンドルに火を灯します。

クリスマスイブまたは、クリスマス当日に全てのキャンドルを灯し、イエス・キリストの生誕を祝います。

これを、アドベントキャンドルと言います。

クリスチャンではない限り、アドベントキャンドルをしている方は少ないと思います。

また、小さいお子さんは、イエス・キリストの生誕日というより、サンタさんからプレゼントを貰える日と、思っているかもしれませんね

自分で作ったキャンドルに、今ある命に感謝しながらキャンドルを灯す。

揺らめく炎を見ながら、ご家族やお子さんと語り合う。

そんなクリスマスも素敵ですよ。

12月の講座のご案内

IMG_6261

そこで、アロマサロン心花では、12月は講座を2つご用意しております。

季節のアロマ講座では、アロマキャンドルとアロマフィズ(発泡入浴剤)を作成します。

アロマは、お好きな香りを選ぶことが出来ます。

レアな精油は、先着順(5名様まで)とさせていただきます。

和紙でつくるインテリア講座は、特殊な方法で和紙を漉(す)いた後、その和紙を使いランプシェードを作ります。

ライトは、7色にゆっくりと変わります。
動画をアップしてみました。こんな感じです。

7色に光るランプシェード

聖なる日に、飾ってみてはいかがですか?

 

関連記事

  1. アラフォー女性・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP