心とカラダのブログ

雑誌を読む女性・イメージ

賞賛や見返りを求める人

雑誌を読む女性・イメージ近年書店の廃業率が増えて来たそうです。

私がよく行く書店は、営業していますので、実感としては余りないのですが、閉店したと話に聞くだけでも寂しくなります。

店に行かず、ネットで購入出来るようになった事もあるのでしょうけど、アナログ人間の私は、書店が好きです♪

悩んだら本屋

私は、もやもやしている時や、解決の糸口を探している時に、よく本屋さんに立ち寄ります。

それは、気になった本や何気なく手に取った本に、解決のヒントが隠れていることがあるからです。

おみくじ的なのかもしれませんね。

たまたま開いたら、答えに通じるキーワードがあった!みたいな

その、醍醐味は、リアルな本屋さんでないと、味わえないと思います。

クーリッジ大統領の名言

そんな訳で、先日、本屋さんに行き、たまたま取った本に、クーリッジ大統領(1872年7月4日 – 1933年1月5日)アメリカ合衆国・第30代大統領の事が書かれていました。

お恥ずかしい話、日本の首相も○○代は誰?と聞かれても分かりません

なので、海外の大統領は、もっと分かりません。
でも、クーリッジ大統領の顔は分からなくとも、スピーチの内容は記憶にありました。

そのクーリッジ大統領が、夕食会のスピーチで、おっしゃっていたのは・・・

もらったものに対して栄誉を贈られた人は一人もいない。栄誉とは、その人が与えたものに対して贈られるのだ。

普段気付かなくっても、言われてみれば、そう!ですよね。

私のこと認めてくれない!

名誉や称賛を得られるのは、非常に嬉しいことです。

他者に認められたい欲求は誰しもありますし、モチベーションやヤル気を持ち続ける上でも、邪魔にならないものです。

しかし、自分自身を評価するのは、自分ではなく他人ですよね。

名誉や称賛を得ることが、目的になってしまうと
「一生懸命やっているのに、誰も認めてくれない!」
と、周囲を攻撃してしまう。

私は、○○さんより一生懸命やっているのに、○○さんだけ評価されている!

他人と比較するから苦しくなる

でも、名誉や称賛よりも、しっかりと自分の中に目的があるのなら、他者の評価は気になりませんよね。

○○を実現するために、○○をやるんだ!と思って行動するなら、失敗も成功のもとに通じるでしょうし、他者の否定的な言葉で、怯んでしまうことはないでしょう。

目的を持ち行動することが、大切ではないかと思います。

ストレスを軽減する上でも

 

関連記事

  1. 肩こり・若い女性イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP