心とカラダのブログ

ジャスミン

ジャスミンは、3m程生育する、つる性の植物です。

夏から秋にかけて、開花します。

夜間に、香りが強くなるので、それに合わせて花の摘み取りを行います。

また、ジャスミンのつぼみは、愛の花として結婚式の際に使用されています。

私も、○○年前の結婚式で、髪に編み込んで貰いました。

でも、生花ではなく造花でしたが

香り

ジャスミンの香りは、エキゾチックな甘い香りです。

香りを嗅ぐと、緊張していたことを忘れるほど、ぽわーっとした気持ちになります。

花をイメージした香水を作成する際にも、ジャスミンを入れると甘く女性らしい香りになります。

主な成分

  • 酢酸ベンジル
  • 酢酸フィティル
  • フィトール
  • cis-ジャスモン

作用

  • 鎮痛・鎮静・高揚作用
    (酢酸ベンジル)
  • 抗うつ
    (酢酸フィティル)
  • メラニン抑制(美白)
    (フィトール)
  • 通経作用
    (cis-ジャスモン)

cis-ジャスモンは、ジャスミンの香りを作り出す物質です。

また、ジャスミンには、女性ホルモンと似た作用があります。

内分泌系の不調や、精神的疲労などの緩和に優れていると言われています。

 ハーブティー

リラックス効果と、気持ちを高揚させる働きがあるので、落ち込んだ時にオススメのティーです。

紅茶や緑茶にブレンドをすると、スッキリとした甘さが、お口の中に拡がります。

 

中国茶のジャスミンティーは、茉莉花という花が使われています。

科名 モクセイ科
学名 Jasminum officinale
産地 エジプト・アルジェリア・インド・モロッコ・フランス
採油方法 花・溶剤抽出法
揮発速度 ミドルノート

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP