心とカラダのブログ

スチラックス(レバント)

マンサク科の植物で、精油は樹脂から採取されます。

古代エジプト時代から使われており、化粧品の原料や香料として使用されたそうです。

また、魔除けとしても活用されていたそうです。

 

精油の原料となる樹脂は、空気に触れると色が濃くなる性質があります。

香りは、バニラのような甘い香りで、バニラより軽めです。

気持ちを明るくしたい時に、オススメの香りです。

科名 マンサク科
学名 Liquidamber orientals
産地 タイ・インドネシア・スマトラ
採油方法 樹脂・溶剤抽出法
揮発速度 ベースノート

関連記事

  1. 頭をかきむしる若い女性
  2. アロマ・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP