心とカラダのブログ

プチグレイン

名前の由来


ビターオレンジの「葉と枝」から精油を採取します。

17世紀頃から、プチグレイン(小さな粒)の抽出が行われており、未熟な粒のような果実から採取されていたために、その名が付けられたと言われています。

香り

ビターオレンジの花から採取できる精油は、ネロリとなります。

ネロリよりも安価なので、ネロリの代用品としても使用されているようです。

ネロリは、甘い香りがしますが、プチグレインはスッキリとした柑橘系の香りがします。

主要成分

  • 酢酸リナリル
  • 酢酸ゲラニル
  • リナロール
  • ゲラニオール
  • リモネン

作用

鎮静作用があり、怒りや不安な気持ちを和らげてくれます。

筋肉のこわばりを緩めてくれるので、運動後のケアに向いています。

また、デオドラント効果もあるので汗をかく季節や、オイリー肌の方に最適です。

 

科名 ミカン科
学名 Citrus aurantium
産地 パラグアイ・イタリア・スペイン
採油方法 葉と枝・水蒸気蒸留法
揮発速度 トップノート

 

関連記事

  1. 桜・イメージ
  2. アロマ・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP