心とカラダのブログ

母性本能の正体?

こんにちは

アロマサロン心花の宮平です。

サロンでは、猫の他にアカヒレも飼っています。

 

小さな水槽では、可哀そう~なんて思ってしまうのですが、8ヶ月間我慢して貰ってます

 

水底の砂利には、バクテリアが付着して、魚の糞などを分解してくれます。

その後、水草に吸収されて、水が浄化されていく。

小さな地球を形成されている水槽なんだとか

 

餌は、2日に1回あげるのですが、餌のビンを水槽の前に出すと、勢いよく上にあがってきます。

小さな口をパクパクさせながら、寄って来る光景は癒されます。

可愛いですよ

 かわいいと思った時に脳では何が起こっているのか

さて、この可愛い~と思った時に、身体では、どんなことが起こってるか書いて行きたいと思います。

  • 可愛い~
  • 守ってあげたい~
  • 撫でる&撫でたい

 

そう思い実行した時に、脳のほぼ真ん中の底部にある下垂体の後葉から、オキシトシンというホルモンが分泌されます。

下垂体は、おおよそ0.5グラム程の重さで、小指の先位の大きさです。

そんな小さな臓器なんですが、下垂体は前葉・中葉・後葉と3つに分けられ、それぞれが違った構造を持っています。

後葉では、視床下部で合成されたホルモンを貯蔵をしています。

 

こうして考えますと、ホルモンという物質で、人間の行動パターンが決められているような、不思議な感覚を私は感じます。

一生のうちで作られるホルモンは、スプーン1杯分

一生のうちで作られるホルモンは、スプーン1杯分と言いますが、そんな少ない量のホルモンで、赤ちゃんの頃は小さかった身体が、大きくなったり、子孫を残したりするのですから、面白いですよね。

 

話を戻しますが、可愛い~と思った時、触って撫でた時に、オキシトシンが分泌されますが、反対に虐待をされていた人の血中濃度は、オキシトシン濃度が低いと言われていますので、作用は絶大ですね。

 

また、昨年12月に偶然に見つけたニュースなんですが、自閉症スペクトラム障害を持たれた男性40名の方に、オキシトシンを点鼻スプレーしたあと、脳活動が有意に上昇し、コミュニケーション障害も改善したと書いてありました。

脳科学研究戦略推進プログラム

オキシトシンとは、別名愛情ホルモン

オキシトシンとは、別名愛情ホルモンと言われるのが理解出来ます。

他者を愛することが出来るホルモンなんですね。

 

 

余談ですが、オキシトシンは、分娩時に子宮の筋肉を収縮させたり、乳汁を排出したりするホルモンでもあります。

筋肉を収縮させる作用があるのは、精油で言いますと、サイプレス・クラリセージ・ジャスミン等です。

お産が長引いた時に、香らすのも良いですね。

 

 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP