心とカラダのブログ

癒しのオイル

トリートメントといえば?

トリートメントの意味は、手当するや治療する、ことですが、皆さんが最初に思い浮かべるのは、矢張り髪に付けるトリートメントではないでしょうか。

また、アロマトリートメントをご存じな方も、精油に対する効果効能を期待しても、希釈するベースオイルには余り関心がないように思います。

如何でしょうか?

カスターオイルって何?

心花では、ベースオイルの1つに、カスターオイルというものを使用しております。

カスターオイルの別名は、ヒマシ油です。

私は子どもの頃、頑固な便秘に悩まされ、よく祖父から「ヒマシ油」の話をされました。

飲むと良いとか、浣腸すると良いとか…

ドロっとした油を見て、ただただ嫌だ!としか思わなかった子供時代でした。

なので、ヒマシ油=苦しい、痛い、怖い、気持ち悪い感情が強かったのです。

 

時を経て、セラピストになる為の勉学中に、ヒマシ油と再会しました。

避けていたのに、あら~出会ってしまった。

そんな感覚でした。

三つ子の魂100までとは、よく言ったもので子供時代の感情に、どっぷり浸かりました

 

カスターオイルの効果

カスターオイル(ヒマシ油)の成分の90%は、リシノール酸で構成されています。

リシノール酸とは、天然ではトウゴマの種子のみ存在するもので、鎮痛剤や炎症を抑える効果があるので、薬としても使われています。

ヒマシ油だけでも、身体に良さそうな感じがして来ますね。

また、抗菌剤として使われている、ソルビン酸に匹敵する抑制力があることから、軟膏や洗剤などにも含まれているので、皆さんにとっても、より身近なオイルとも言えますね。

 

ヒマシ油は、他の植物油に比べても、粘度が高いので単体でトリートメントオイルとしては使いません。

なので、他の植物油とブレンドをして使用しますが、カスターオイルの良さだけを、実感したい場合はカスターオイルを、気になる箇所に塗布(湿布)し、暖めながら使用します。

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 便秘
  • 冷え性

などに効果的です。

局方ヒマシ油・加香ヒマシ油って何?

薬局やドラックストアなどで売られている、局方ヒマシ油や加香ヒマシ油は、腸内洗浄や頑固な便秘の方に使用する、飲むヒマシ油です。

加香ヒマシ油は、ミント油とオレンジ油を添加したものです。

こちらは、飲用のためのヒマシ油なので、トリートメントとして使用出来ません

*トリートメントに使用するヒマシ油は、冷温圧搾したオイルのみ使用します。

それは通常の圧搾ですと、熱が加わり成分が壊れてしまうからです。

 

 

*こちら↓のイベントは終了しております。

心花では、メルマガ会員限定で、このカスターオイル湿布を90分以上のトリートメントに、無料でサービスいたします。

カスターオイル湿布のサービスは、2014年7月末までとさせていただきます。

それ以降は、別途料金をいただきますので、この機会にいかがでしょうか?

心花では、不定期ですがイベントを開催しております。

イベント情報や、お得情報、アロマの豆知識などを、メルマガにて配信しております。

ぜひ、登録してくださいね♪

mailmag_min

関連記事

  1. 手作りひな壇
  2. 桜・イメージ
  3. 西洋イチイ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP