心とカラダのブログ

若い時に肌のお手入れを怠ると後悔する、というお話

 

暖冬の影響で、いつもの年より肌が潤っている

と思っている方が多いですが、肌ケアを怠ったると、知らず知らずのうちに肌が乾燥し、敏感肌になってしまうことがあります。

肌には、バリア機能があり、おいそれとは外界から侵入ができません。

でも、乾燥が進むと、バリア機能が落ちて、外界から刺激を受けやすくなり敏感肌になってしまいます。

潤っていると思っていても、日頃のケアは念入りにしたいものです。

特に、洗顔した後に直ぐ肌が突っ張る方は、皮脂を分泌する力が弱まっていますので要注意です。

 

実は、私は35歳までお肌の手入れはしていませんでした。

普通肌でしたので、ニキビが出来るわけでもなく、洗顔をしても突っ張ることもなく問題がありませんでした。

問題がない肌でしたので、ケアを怠りました。

そのツケが30代後半にやってきたのです

冬場になると、空気が乾燥が乾燥するので、お肌もパサつきます。

加えて衣類などの静電気で、痒みが始まり、掻くから更に痒くなる・・・。

一度敏感肌になってしまうと、油分を塗っても、その油分すら刺激になり痒くなる。

そんな日が続きました。

食事からも良質な油を摂ることも必要ですが、保存料や化学物質を含まないオイルで、肌の炎症を抑えて、保湿を心がけることで、今は問題ありません。

お肌の健康は、毎日のケアに勝るものはなしです

アロマサロン心花では、アロマ講座を開催しております。

今月は、化粧水&美容液をつくります。

化粧水(50ml)と、美容液(10ml)をお持ち帰り出来ます。

作り方を覚えて、毎日の肌ケアにいかがですか?

詳細は、こちらから↓

icon-aroma

 

関連記事

  1. 血圧測定/イメージ
  2. 仲の良い女性二人組/イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP