心とカラダのブログ

ウィンターグリーン

こんにちは♪

アロマサロン心花の宮平です。

私は、月数回グループホームや、高齢者施設の方でも施術を行っております。

健康な方でも、年齢を重ねて行くうちに、身体にも不調が出始めて来ます。

そんなことから、会話も身体に関することが、多くなってきます。

先日お話をしましたYさんは、86歳の女性ですが、80歳の時に、リウマチになったそうです。

Yさんは、「80過ぎて病になったけど、若い時でなくって良かったよ。辛いのが長引くだけで」とおっしゃっていました。

リウマチに効く精油?

アスピリン(アセチルサリチル酸)で代表されるサリチル酸系製剤は、解熱、鎮痛、抗炎症・抗リウマチ薬(さらにプロシタサイクリン生成を抑制することなくトロンボキサンA2を抑制する低用量アスピリンの血小板凝集抑制剤としての有効性があげられる。

抜粋 岡山大学病院 検査部/輸血部

リウマチの治療薬として、サルチル酸が使用されています。

そのサルチル酸が多く含まれる精油といえば、ウィンターグリーンです。

ウィンターグリーンの香りは・・・嗅いだ瞬間分かると思いますが、湿布の匂いです

トリートメントでは、高濃度では使用しませんので、クリアーなスッキリとした感じになります。

  • ホホバオイル5ml
  • マカデミアナッツオイル 5ml
  • ウインターグリーンの精油 3滴

ブレンドオイルを作り、トリートメント(マッサージ)をしました。

その後、Yさんにお伺いしましたら、次の日は比較的、楽に過ごせたそうです。

(痛みがある部分のみ、ウインターグリーンのブレンドオイルを塗布してます。)

 

ウィンターグリーンの別名は?

和名を、ヒメコウジと言います。

秋から冬にかけて、赤い実をつけるので、英名ではチェッカーベリーと言います。

数年前、赤い実が可愛くて植木を買ったことがあります。

実が、白色から段々赤い色に変化していく様は、とても可愛かったですよ。

ただ、育てるのが難しく、水をやり過ぎても枯れるし、少なくても枯れるし、当時悪戦苦闘しましたが、枯らしてしましました。

植木鉢は、二重にして鉢の中の蒸れを少なくすると良いそうです。

精油が含まれている場所

精油は、葉から抽出されます。

葉に少し傷をつけてみると、湿布の匂いがします

先住民の人たちは、昔から薬草として使用されていたようです。

 

精油を利用して、少しでも健やかな日々を送れるようにしたいですね。

 

ちなみに、ブレンドオイルを毎日、膝に塗布していましたら、太くって長い毛が生えて来ました。

もしかしたら、脱毛症に悩む方にも使える精油かもしれません

症例が集まりましたら、またご報告させていただきます♪

 

また、メルマガにて、随時配信していきますので、ぜひ登録してくださいね。

お待ちしております。

mailmag_min

 

科名 ツツジ科
学名 Gaultheria procumbens
産地 ヒマラヤ・カナダ
採油方法 水蒸気蒸留法
揮発速度 ミドル

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP