心とカラダのブログ

メリッサ(レモンバーム)

英名では、メリッサまたはレモンバームと呼ばれています。

和名では、コウスイハッカまたはセイヨウヤマハッカと呼ばれています。

シソ科の植物で、精油の抽出部位は「花」と「葉」です。

とても繁殖力が強いので、庭に地植えしますと、あっという間にメリッサだらけになります

でも、精油の含有量が少ないので、高価な精油となっています。

主な成分

  • シトラール
    抗菌・鎮静・抗炎症作用
  • シトロネラール
    抗炎症・抗ウイルス作用
  • ゲラニオール
    鎮痛・収れん作用

気持ちがコントロール出来ない時に、有効な精油とされています。

香り

香りは甘くレモンに似た香りです。

緊張していて眠れない時に、枕元で香らせるとGOODです。

ハーブティーとして

爽やかなレモンの香りで、飲みやすいです。

消化を促す作用があるので、食中・食後にオススメです。

フレッシュな葉の方が、香りが良いので、新鮮なものが手に入りましたら、試してみてはいかがでしょうか。

科名 シソ科
学名 Meliisa officinalis
産地 フランス・スペイン・ドイツ・イタリア
採油方法 花と葉・水蒸気蒸留法
揮発速度 ミドルノート

関連記事

  1. 桜・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP