心とカラダのブログ

甘くて苦くて薬にもなるアケビ

アケビは、蔓(つる)性の落葉低木です。

1つの個体に、雄株(おかぶ)と雌株(めかぶ)を持つ、雌雄同株(しゆうどうしゅ)です。

花は、3月~4月にかけて開花します。

雄花(おばな・写真左)は、中心部がミカンの房(ふさ)のように付いています。

雌花(めばな・写真右)は、中心部が放射状に付いています。

アケビの実

アケビの実は、8月下旬から10月中旬にかけて、収穫が出来ます。

熟すと、実が割れてしまうために、店頭に並んでいるアケビは、熟する一歩手前のものを収穫します。

フルーツとしてのアケビ

甘くて美味しい部分は、紫色の皮を割り、中に入っている白く半透明な部分です。

半透明の果肉の中には、タネが沢山入っているので、食べるのはちょっと面倒かもしれませんが、栄養豊富なので食べてみてくださいね。

ほのかに甘い昭和の味がします

高血圧や動脈硬化の予防・美容・疲労回復などに役立ちます。

アケビを使った料理

<材料>

  • アケビ2つ
  • 味噌大さじ2
  • 砂糖大さじ1
  • 酒大さじ1
  • みりん大さじ1
  • とうがらし適宜

<作り方>

  1. アケビ料理は、中に入っているタネを取り除き、皮を使います。
  2. 皮にはアクがあるので、沸騰した湯で2分ほど茹でます。
  3. その後水気を絞り、大さじ2杯の油で炒めます。
  4. 砂糖大さじ1・酒大さじ1を入れて炒めます。
  5. 小鉢に、味噌大さじ2・みりん大さじ1を混ぜ、4に入れて軽く炒めたら出来上がり

お好みで、とうがらしをかけてくださいね。

漢方薬としてのアケビ

蔓(つる)・葉・根・実に薬効成分があります。

特に、蔓性の茎(くき)には、利尿作用・抗炎症作用があり、木通(もくつう)という生薬として使われています。

中国では、毒性のある関木通(かんもくつう)を、木通としていることもあるので、注意が必要です。

全国生産量

全国の生産量は、多い年で(1987年)210トン、2010年以降は60トンから70トンです。

うち80%が、山形県で生産されています。

食べて美味しく、身体にも良いアケビを、絶やさないためにも食べ続けたいものですね。

 

 

関連記事

  1. アラフォー女性・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP