心とカラダのブログ

アロマ検定 1級と2級、どちらから取れば良いの?

先日、友人にアロマの資格について聞かれたので、今日はそのことについて書いてみたいと思います。

アロマの検定

アロマの事を、もう少し勉強したいと思ったら、アロマ検定をオススメします。

アロマ関連の資格は、いろんな団体が主催しているのですが、一番メジャーなところでは、公益社団法人アロマ環境協会(AEAJ)のアロマ検定が有名です。

詳しいことは分からないのですが、一般社団法人じゃなくて、公益社団法人なので、他の団体よりはしっかりしていると思います。

1級と2級があるのですが、2級を飛ばし、1級から受ける場合も、1級と2級のテキストブックは熟読してくださいね。

それが1級に合格するための秘訣です♪

1級と2級の大きな違い

1級は、アロマテラピーを家族や周囲の人たちに、使用するための知識が必要。

2級は、アロマテラピーを自分で楽しむための知識が必要。

 

1級ならば精油のプロフィール(31種類)・ベースオイルの種類・利用法・アロマテラピーのメカニズム・健康学・アロマテラピーに関する法律と、2級からも出題されます。

2級ならば利用法・精油の基礎知識(10種類)・歴史などを押さえておけば、良いかと思います。

香りテスト

1級からは

  1. イランイラン
  2. オレンジ・スイート
  3. ジュニパーベリー
  4. ゼラニウム
  5. ティートリー
  6. ペパーミント
  7. ユーカリ
  8. ラベンダー
  9. レモン
  10. ローズマリー
  11. カモミール・ローマン
  12. クラリセージ
  13. グレープフルーツ
  14. スイートマージョラム
  15. フランキンセンス
  16. ベルガモット
  17. レモングラス

の中から出題されます。

2級からは

  1. イランイラン
  2. オレンジ・スイート
  3. ジュニパーベリー
  4. ゼラニウム
  5. ティートリー
  6. ペパーミント
  7. ユーカリ
  8. ラベンダー
  9. レモン
  10. ローズマリー

の中から出題されます。

色んな香りを嗅いでると、どれも同じ香りがする!とか分からないなんてことがありますが、そんな時には珈琲の香りを嗅ぐと、リセットしやすくなりますよ。

精油の香りを覚えるには?

幾つもの香りを嗅いでいくと、その時は覚えたつもりでも、あとになると「あれ?なんだっけ??」なんてこともあります。

比較的身近にある柑橘系の香りは、覚えやすいのですが、身近にない香りほど分り辛いです。

 

そんな時は香りを嗅いだ時に、どんなイメージが浮かんだかを、1つ1つメモをすることをオススメします。

例えば、イランイランの香りを嗅いだ時に、授業参観に来たお母さんの化粧品を思い出したら、そのことをメモします。

何度かイメージワークをしていますと、覚えるのも早いですよ。

 

生活の木から香りの検定キットが、販売されていますので、そちらで嗅いで覚える方が良いかと思います。

精油によっては、産地や収穫された時期によって、香りが変わるものもあります。

混乱をさける為にも、オススメしますよ。

 

では、合格を祈ってます♪

関連記事

  1. 西洋イチイ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP