心とカラダのブログ

芍薬(シャクヤク)

私が小さい頃、明治生まれの祖父から、よく言われたことがあります。

「女の子は、立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花だよ」と

私は、小学校低学年まで、自宅前にあった林(テニスコート2面分)でよく遊んでいました。

木と木に縄をかけ、ブランコを作ったり、ターザンの真似をしたり、木登りをしたりそれなりにお転婆でしたので、言われてしまったのでしょう。

子供の頃ですから、シャクヤクの花がどんな花か分からず、イメージとして

  • シャクヤク→香り立つ女の人
  • ボタン→お尻が大きい女の人
  • ユリ→ひょろっとした女の人

を、連想していました(笑)

 

さて、シャクヤクですが

シャクヤクは、ボタン科の多年草で、学名は、Paeonia lactifloraです。

ボタン科だけに、花はボタンに似ています。

シャクヤクとボタンの違いは

  • シャクヤク→
  • ボタン→

です。

冬場は、地上に出ている部分(花・葉・茎)は枯れてなくなります。

根のみ越冬します。

花の開花時期は、5月の初夏を迎える頃です。

薬効成分がある場所

薬効成分は、根にあります。

根を夏の終わりから、秋口にかけて収穫し、乾燥させたものをつかいます。

*根は、4年から5年ものを収穫します。

薬効成分

  • ペオニフロリン
  • アルビフロリン
  • ベンゾイルペオニフロリン
  • タンニン

など。

炎症を抑え痛みを取り除く作用があり、胃痛や生理痛・神経痛に有効とされています。

筋肉を弛緩させる作用もあるので、肩こりや腰痛などの筋肉痛にも可。

花言葉

  • 内気
  • 清浄
  • 恥じらい
  • はにかみ

女性の奥ゆかしさを表す花言葉以外にも

  • 威厳
  • 怒り

という花言葉もあるようです。

威厳→堂々として厳かな(近寄りがたい)様子ですから、内気・恥じらい・はにかみの花言葉とは間逆な花言葉にも思えます。

でも、生薬のシャクヤクは、更年期や生理不順、それらに伴うイライラにも対応するので、効果に見合った花言葉なのでしょうか

 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP