心とカラダのブログ

くすみが気になりだしたら

毎日慌ただしい日々を送り、ある日鏡をじっくり見たら、自分の顔がくすんでいた…そんな経験はないですか?

肌のくすみと言いますと、中高年のイメージがありますが、若い人でも疲れが溜まっていたり、寝不足でもくすんで来ます。

肌(皮膚)を触った時に

  • 乾燥している。
  • ザラついている。
  • 固い。

など、手触りが変わって来たら、要注意です。

くすみの原因

大きく分けて、くすみの原因は3つあります。

古い皮膚よるクスミ

表皮下で、新しい皮膚が生まれて、その後2週間かけて表皮に到達します。

内側から外側に向って、皮膚が移動していくイメージです。

表皮で更に2週間かけて、皮膚表面の角質層に到達し、アカとなって剥がれます。

それが皮膚の一生です。

生まれてから剥がれ落ちるまで、約28日間を要します。

このサイクルを、ターンオーバーと言います。

生活習慣の乱れにより、ターンオーバーの乱れが生じます。

剥がれ落ちる皮膚が、剥がれず留まることで、皮膚は厚く固くなり、くすんで来ます。

血行障害によるクスミ

階段を登った時や、早足で歩いた時に息切れや、動悸はしないですか?

息切れや動悸がある場合は、日常的に運動不足かもしれません。

心臓は、今の身体に必要な血液しか送り出さないので、運動不足が続くと、血流の流れも悪くなります。

血流が悪くなると、老廃物も滞りがちになり、皮膚はくすみやすくなります。

特に、目の下は皮膚が薄いので、目の下にクマが出来たら、血行障害を起こしている可能性があります。

ホルモンの影響によるクスミ

女性は、月経になる1週間前に、黄体ホルモンが分泌されます。

黄体ホルモンは、女性の身体を保護する働きをします。

そして、外界と直接ふれあう皮膚は、ダメージを受けないように、皮脂の分泌を促したり、メラニンを活性化させて紫外線から、身を守ります。

その時期は、皮脂やメラニンが活性化することにより、にきびやシミになりやすい時期となります。

くすまない肌を作る

くすまない肌を作るには

  • 食事は偏らず、食べ過ぎない。(物足りない位)
  • 特に生理前は、紫外線対策を入念にやる。
  • 運動不足をなくす。

が、大切です。

また、肩まわりの筋肉が凝っていると、血流が悪くなりますので、朝起きた時や寝る前にストレッチをして、筋肉をほぐしましょう。

肩まわり

息を吐きながら、左右やります。

片方1・2・3・4・5と数えながら息を吐いたら、反対側も同じようにやります。

これを3セット。

ストレッチ

首は、横に頭を倒し、息を吐きながら頭の重みで、肩の筋肉を伸ばすイメージでストレッチをします。

息を吐き切ったら、反対側にも頭を倒します。

これを3セットやります。

肩のストレッチをすることで、肩周りの血行が良くなり、お顔のくすみも改善します。

アロマ(精油)でケア

マッサージオイルを作り、眠る前にケアするのも、くすみのない肌への近道です。

  • 血行を良くするレモン
  • 新陳代謝を高めるローズマリー
  • 細胞の成長を促進するネロリ

が、オススメです。

マッサージオイルの作り方

お顔に塗るので、精油の濃度は0.5%以下で作成します。

アルガンオイルまたは、ホホバオイル30mlを用意します。

オイルに、精油を入れます。

  • ネロリ1滴
  • ローズマリー1滴
  • レモン1滴

よく混ぜてから、使用します。

レモンは、光毒性がありますので、日中の使用は避けてください。
(日光を浴びると、色素沈着を起こします。)

継続は力なり

キレイな肌は、毎日のケアが大切です。

もし、くすみが出てきたら、ストレッチとセットでお肌のケアをしてみてくださいね。

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP