心とカラダのブログ

クラシックな月曜日

DCF00464.JPGご近所に、とても素敵なご夫妻がいらっしゃいます。

ご主人さまが小説家で、奥さまがピアニストの風呂本佳苗さん。

密かに?某SNSサイトでご主人さまをフォローしていたのです。そのSNSで、奥さまがファーストアルバムを発売されると聞き、手売りで分けていただきました。

そういえばCDの手売りは、X-JAPANのTOSHIさん以来です。

今日知ったのですが、私がCDを購入した第1号ということでした。

とても嬉しくテンション上がります

 

さて、アルバムの楽曲ですが、ベートーヴェン「田園」、メトネル「川の歌」「田舎の踊り」「森の踊り」、フランク「羊飼いの詩」、チャイコフスキー「四季」「3月・ひばりの歌」、シューマン「森の情景」、グリーグ「蝶々」「孤独な旅人」「小鳥」「春に寄す」。

どれも、素晴らしい楽曲ですが、中でもメトネルの「田舎踊り」という楽曲が、印象に残りました。

力強く乱舞するような、神がかり的な印象を受けました。

 

CDを聞き始めて直ぐに、私お酒飲んだかしら?と思う位、高揚感があります。

アロマでいうなら、個性強いパチュリに、優雅なイランイラン、キリッとジュニパーベリーという感じでしょうか。

命の躍動感あふれる、パワーがあります。

限りある人生を精一杯生き、命を輝かせたいですね。

 

関連記事

  1. 蚊のイラスト

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP