心とカラダのブログ

フェンネル

和名を、茴香(ういきょう)と言います。

独特の香りがあるので、魚料理においては臭い消しとして、使用されています。

また、古代ローマ時代では、満腹感が得られる薬草として、使用されていたようです。

主な成分

  • アネトール
  • アニスアルデヒド
  • オイゲノール
  • フェンコン

作用

消化器系を刺激し、食べ過ぎによる胃のもたれや、弱った胃腸の動きを促進します。

漢方薬では、安中散(あんちゅうさん)の名前で、胃腸薬として販売されています。

  • 去痰(咳を止める)作用(アネトール)
  • 消化促進作用(アネトール)
  • お腹にガスが溜まるのを解消する駆風作用(アニスアルデヒド)
  • 殺菌・抗酸化作用(オイゲノール)
  • 清涼感作用(フェンコン)

香り

草木のような清涼感あるスパイシーな香り。

ストレスから来る吐き気や、イライラした気持ちを鎮める働きがあります。

 

 

科名 セリ科
学名 Foeniculum vulgare
産地 イタリア・地中海地方
採油方法 種子・水蒸気蒸留法
揮発速度 トップ~ミドルノート

妊婦、授乳中、乳幼児には使用できません。

関連記事

  1. 桜・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP