心とカラダのブログ

リツエアクベバ(メイチャン)

リツエアクベバは、クスノキ科の植物で、5~12mくらいの高さまで生育します。
木部は、家具などに使用されています。
また

  • メイチャン
  • チャイニーズペッパー
  • リトセア
  • マウンテンスパイスツリー

などの呼び名(別名)もあります。
和名は、アオモジまたは、ショウガノキといいます。

香り

蓋を開けた直後は、甘みがあるレモンの香りがしますが、暫く経つとスパイシーなレモンの香りになります。

シトラールの含有量が、レモングラスとほぼ同量であることから、レモングラスと香りが似ています。

 

私の個人的な思いですが、子どもの頃に舐めていたドロップスを思い出します。

口の中にドロップスを入れて、味を楽しみつつ、何して遊ぼうかなとワクワクしていた記憶。

もう戻ることは出来ないけれど、甘く切ない気持にもなります。

また、スパイシーな香りなので、身体がポカポカして来て、子どもの体温ともリンクして来ます。

 

人それぞれ、香りを嗅いだ時に、記憶の中の何かとリンクしますね。

この精油の香りを嗅いだときに、あなたなら何を想像しますか?

 

普段は忘れていたことが、香りによってよみがえる。

嗅覚は、においを感じる感覚器官ですが、鼻から入った香りが最終的に行き着く場所が、古い脳と言われている大脳辺縁系です。

大脳辺縁系は、何をしている場所かと言いますと、自律神経(生命維持装置)のコントロールや、記憶を司っています。

そして大脳辺縁系に、ダイレクトに働きかけれるのが、「香り」なんですね。

以前、「香りによって神経細胞を目覚めさせる」でも書きましたが、味覚障害が出た90代の方が、毎日香りを嗅ぐことで、味覚が戻ったということがありました。

脳を活性化させている証拠ですね

主な成分

  • シトラール
  • リモネン
  • リナロール
  • β-カリオフィレン
  • シトロネラール
  • ゲラニオール

作用

  • 鎮痛・消炎・消臭・血管拡張作用
    (シトラール)
  • 鎮静・血行促進作用
    (リモネン)
  • 鎮静・血圧降下作用
    (リナロール)
  • 抗炎症・抗ウィルス作用
    (β-カリオフィレン)
  • 抗炎症・鎮痛作用
    (シトロネラール)
  • 鎮痛・鎮静作用
    (ゲラニオール)

リツエアクベバは、気持ちを鎮める作用と、高揚させる作用をあわせ持っています。

  • イライラしてる時は、気持ちを鎮めてくれる。
  • 落ち込んでいる時は、気持ちを軽くしてくれる。

その人にとって、正しく必要なところに、働きかけてくれる精油です。

また、皮脂のバランスを整え、皮膚を清潔に保つ働きがあるので、デオドラント剤の成分としても使われています。

元気が出ない時、身体をサッパリさせたい時に、いかがでしょうか?

 

科名 クスノキ科
学名 Litsea cubeba
産地 中国・マレーシア
採油方法 果実の水蒸気蒸留法
揮発速度 トップノート

リツエアクベバは、別名リトセアとも言われていますが、リトセアの学名はLitsea citrataで、リツエアクベバはLitsea cubebaとなります。

購入の際は、学名を確認してくださいね。

NG妊婦さんには使えません。

お得な情報

アロマサロン心花では、メルマガ会員を募集しております。

メルマガでは、ブログで書けない内緒話や、アロマサロンの割引クーポン券、会員限定のサービス情報などを配信&配布しております。

ご登録お待ちしております。

mailmag_min

ご予約&お問い合わせは、こちらから

 

関連記事

  1. アロマ・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP