心とカラダのブログ

ブラックペッパー

黒こしょうから採取される精油です。

古代ローマ時代は、銀と同じ貨幣価値を持った、万能スパイスです。

インドとヨーロッパの間で、重要なスパイスとして扱われ、オランダ・フランス・ポルトガル間で、何度もコショウを巡り、海戦が勃発していたそうです。

香り

スパイシーで、スッキリとした香りです。

料理用に使うブラックペッパーより、穏やかな香りです。

主な成分

  • βカリオフィレン
  • αピネン
  • ファルネセン
  • リモネン

作用

  • 胃粘膜保護作用(βカリオフィレン)
  • 食欲増進・発汗(αピネン)
  • 抗炎・抗掻痒(ファルネセン)
  • リラックス・食欲増進(リモネン)

 

この精油は、香りを嗅いだ瞬間から、お腹がグーと鳴ってしまうほど、お腹の動きが良くなります。

特に、食事前お腹が空いていると自覚してない時に、嗅ぐと効果があります

他にも、痛みを抑えたり、血液を集め温める(引赤作用 いんせき さよう)があります。

オススメのブレンドオイル

肩こりの時⇒ ブラックペッパー + レモングラス

レモングラスには、リラックス効果があるので、ガチガチの肩を緩めます。

ブラックペッパーで身体を温め、痛みを和らげます。

 

お腹がもたれる時⇒ ブラックペッパー + 柑橘系(スイートオレンジ・レモン・グレープフルーツ等)

柑橘系の精油は、消化器系の働きを良くしてくれます。

 

便秘の時⇒ ブラックペッパー + マジョラム

マジョラムには、うっ滞除去作用や自律神経を整える作用があるので、便秘の時にはブラックペッパーとブレンドをして、お腹と内股に塗布します。

精油濃度は、1%です。

植物油と希釈し使います。

 

科名 コショウ科
学名 Piper nigrum
産地 インド・マダガスカル・スリランカ・シンガポール
採油方法 果実・水蒸気蒸留法
揮発速度 ミドルノート

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP