心とカラダのブログ

深海のように、青いハーブティー/アンチエイジング

マジョリカブルーのような青色のハーブティーを、ご存知でしょうか?

マロウブルーも、抽出時は青色をしていますが、お湯で抽出しようとすると、青色は一瞬で変化してしまいます。

でも、今回ご紹介するティーは、熱などの刺激を受けても色が変わらず、美しい色を楽しめるティーです。

バタフライピー

その美しい色が出るハーブティーは、名前を「バタフライピー」と言います。

バタフライは蝶ですが、最初この名前を聞いた時に連想したのは、PEE…オシッコです。

品がないのがバレてしまいますね(^_^;)

スペルは、PEEではなくPEAとなります。

医療関係の方なら、無脈性電気活動を連想するでしょうか?^^;

PEAは、えんどう豆のことです。

そして、バタフライピーの和名は、「蝶豆」と言います。

直訳名ですね(笑)

花が咲いた後に、莢(さや)が出来て、その見た目がえんどう豆に似ています。

また、その豆は食用にすることも出来ます。

それが、名前の由来です。

科名 マメ科
学名 Clitoria ternatea
産地 東南アジア・インド
性質 蔓(つる)性で、草丈3メートルほど。開花時期初夏から秋にかけて

効果・効能

バタフライピーの色は、ポリフェノール(抗酸化作用)の一種であるアントシアニンによるものです。

アントシアニンといいますと、ブルーベリーが有名ですが、そのブルーベリーより3~4倍含有量があるとか。

色を目で楽しみ、身体(目とアンチエイジング)にも良いなんて魅力的ですね。

飲み方

バタフライピーの色は、強烈なインパクトがありますが、味は殆どありません。

無味に近いだけに、好きな味をつけて楽しむことが出来ます。

マロウブルーは、水で抽出する方が美しい色が出ますが、バタフライピーは熱い湯の方が色が出ます。

 

 

 

バタフライピーをお湯で抽出すると、深海のような神秘的な色が出ます。

そこに、レモン汁を注ぎます。

 

 

 

赤紫色になります。

飲み物としては、赤紫色の方が美味しそうですね。

 

 

 

深めのグラスに注げば、色の移り変わりも楽しめます。

 

 

 

バタフライピーを煮出した後、寒天などで固めれば、「これ食べれるの??」みたいなゼリーが出来ます。

鉱物にも見えて来ますね(笑)

アレンジ次第では、不思議なデザートが作れそうです。

ハーブティー・レシピ

材料

  • バタフライピー・つぼみ3つ
  • 砂糖または蜂蜜・ティースプン1杯(お好みで)
  • レモン汁小さじ・2分の1
  • 湯・200CC
  1. 湯の中にバタフライピーを入れて、3分程おきます。
  2. 砂糖または蜂蜜で、味を整えます。
  3. レモン汁を入れると、直ぐ色の変化が置きますので、見逃さないように(^_^;)

また、お子さんには、サイダーに、湯で抽出したバタフライピー(冷ましてから)を注ぎ、色を楽しむのも良いと思います。

ゼリー・レシピ

材料

  • バタフライピー・2グラム
  • 砂糖・30グラム
  • ゼリーの素・5グラム
  • レモン・2分の1個(色を変えたい場合)
  • 水・200CC

ゼリーの素は、やわらかく且つ透明感があることから、海藻から作られた「アガー」を使用しています。

  1. ゼリーの素と砂糖を、まんべんなく混ぜ合わせます。
  2. 水とバタフライピーを鍋に入れ、好みの色になるまで煮出します。
  3. バタフライピーを取り出して、1を少しづつ入れます。
  4. (色を変えたい時は、この段階でレモンを入れます)軽く煮立てて、火を止めます。
  5. 容器に入れて、冷めたら冷蔵庫へ

*レモンは、さっと火を通さないと、固まらなくなるので注意してください。

青いハーブティーで、いつものティータイムが楽しくなりますよ。

アイディアが浮かびましたら、またご紹介したいと思います♪

関連記事

  1. 雷・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP