心とカラダのブログ

マートル(ギンバイカ)

歴史

旧約聖書にも登場する植物で、古くから儀式に使われてきました。

和名では、ギンバイカと呼ばれています。白い梅の花に似ていることから、名前がつけられたそうです。

また、古代エジプト人は催淫剤として使用していたそうです。

北アフリカ、イラン原産の常緑低木で、直径3センチほどの花を咲かせます。

主な成分

  • αピネン
  • 1.8シネオール
  • ゲラニオール
  • リナロール

作用

去痰作用があり、気管支の調子を整えてくれます。

風邪のひきはじめに、オススメです。

収れん作用・殺菌作用もあるので、お肌の引き締めやニキビ肌に最適です。

香り

精油は、「葉」から採取されます。

香りは、フレッシュな甘い香りです。

 

科名 フトモモ科
学名 Myrtus communis
産地 モロッコ・オーストラリア・チュニジア
採油方法 葉・水蒸気蒸留法
揮発速度 ミドルノート

 

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP