心とカラダのブログ

痩せたい!でも食べたい!という方へ

食べても止まぬ食欲

その一口が豚になると分かっていても、この食欲止められな~い!

ダイエットは明日から♪

と、思っているのも束の間、気付けば握れるお腹の脂肪…

更に、太ももが太くなり、二の腕もたくましい…

時折、鏡で見る自分の姿に、ゲッソリとして今度こそは痩せるんだ!と心に誓うものの、食べ物を見ると今日だけは食べちゃおう♪なんて自分を甘やかしたくなるもの。

年齢が増えれば、体重も増える?

夏になると、自然と食欲が落ちます。
若い時は、筋肉もシッカリあるので、代謝も良好☆
キレイに痩せられます。

でも、年齢を重ねるうちに、筋肉量は減り(女性の筋肉量のピークは14歳です。)代謝が悪くなり、夏になると痩せていた身体も、何故か夏も太るようになります。

いやですよね^^;
期待の「夏」にも裏切られる…

なぜ太る?

お腹の脂肪を握る女性

運動量より食べる量が多いから!

当たり前ですよね。

おまけに、外見上の肥満だけではなく、40歳越えると血液検査の数値が悪くなってきます。
健康診断を受けるのは、ちょっと億劫ですが、ぜひ受けて数値のチェックをしてみてください。

血糖値が高い

健康診断の結果

空腹時の血糖値が、基準内だったので安心していたら、HbA1cという何やらロボットの名前みたいなものが、基準値から出ていたなんてないですか?

Hb(ヘモグロビン)とは、赤血球に含まれている色素のことで、全身に酸素を運ぶ仕事をしています。

このHbは、血液中にあるとくっつく性質を持っています。

その糖と合体したHbを、HbA1cというのです。

しかも、このHbA1cは、2~3ヶ月間の血液の状態がわかるというものですから、明日からダイエット♪なんて気楽なことは言ってられません。

中性脂肪が多い

私たちが食べたものは、肝臓でエネルギー源として変換されて、皮下脂肪として蓄えられます。

その名は、中性脂肪と言います。
使うエネルギーが多いまたは、同等ならば問題ありませんが、中性脂肪が多すぎる場合、肝臓にドンドン溜まっていきます。
そうです。フォアグラ状態

血圧が高い

食べ過ぎることにより、血中にあふれた糖を分解するために、インスリンが放出されます。
このインスリンの働きによって、血液中のナトリウムが増加し、それを薄めるために水分が血管内に流れ込み、血液量が多くなるために押し出す力が必要となり、血圧が高くなります。
また、インスリンは交感神経を刺激するために、末梢血管を収縮させます。
末梢血管が収縮することで、血液の流れに圧力がかかり血圧が高くなります。
血圧が高くても、痛くも痒くもありませんが、年齢と共にもろくなる血管に、圧力がかかったら…怖いですよね。

今からでしょ!ダイエット

肥満?何が悪い?!と思った方も、明日からダイエット♪と思った方も、気づかないうちに病気が忍び込み、気づかないうちに治せない病気になってしまいます。

勿論、私はドクターではないので、治療も治すことも出来ませんが、20代から50代にかけての経験談として皆様にお伝えします。

私はメタボ?

メタボ(糖尿病)の罹患率は、20歳の体重と比較して、体重が重くなるごとに、高くなります。
そのことから20歳の体重と現体重の差を、比較します。
10キログラム増えた方は、糖尿病発症リスクが(+-)2キログラムの方より、3倍高くなります。
私は、20歳の時に身長が171.8センチ、体重が47キログラムでした。
妊娠・出産で多少体重が増えましたが、長男・次男の時は元に戻りました。
長男は、私が25歳の時、次男は30歳の時ですから、まだ良かったのでしょう。

しかし長女は、私が39歳の時に生まれたので、妊娠中の蓄えは、皆私のもの^^;
20歳の頃の体重と比較しますと、20キログラムも増えました。

痩せたきっかけ?

いわゆる中年太りとなった私は、ウォーキングをしたり、○○ダイエットと名の付くダイエットをやりましたが、全く成果はありませんでした。

また、丸1日断食を試みたのですが、初めと終わりの体重が全く変わらなかったことに嫌気が差し、二度とやりませんでした。

ひょんなことから、13日間の宿泊生活をし、自宅に戻ったら7キログラム体重が減っていたのです。
食事は、3食ちゃんと食べていました。
それも男飯を^^;
ご飯(白飯)は、朝食べない・昼1/2残す・夕天ぷらがある時食べないor1/2残すという食生活でした。
睡眠は、PM8時または9時に就寝して、朝は3時か4時に起きていました。
農家さんみたいな生活ですね。

とりあえず体重維持

自宅に戻っても、特にお腹が空くわけでもなく、せっかく身体も軽くなったので、維持に努めました。

しかし、自宅に戻れば目の前に食べ物がチラツキますから、宿泊生活時より食べてしまいます。
それでも2年間は維持できました。

肥満の元凶は、○○○だった?!

もともと私は、パンが大好物です。
美味しいパンがあると聞けば、買いに行きます。
自分でも作りました。
この2年間、その大好きなパンが目に入らず、たまに食べるくらいでした。
それが、パンバイキングを何度か食べたら、パンが頭の中から離れなくなりました。

パンは、ご飯に比べて腹持ちが悪いです。
また、ふわふわしているのに、カロリーがあります。
そして中毒性があるようです。
特に私には。

お腹が空いてなくとも、目の前にパンがなくても、頭の中はパンだらけ^^;

そして、合宿中に間食をしなかったのも、食べ物が頭に浮かばなかったのも、パンを食べてなかったからでした。

食欲は、抑えるのがとても大変です。
でも、抑えられない程の過剰な食欲が、小麦粉(パン)を食べないだけで、落ち着いてきます。
小麦粉を離脱するまでの日々は、ちょっと辛いですが、他のものは食べれますので、比較的楽にできます。
食欲が楽に抑えられるのは、ダイエッターにとって素晴らしいことですよね。

さて、私も再度小麦粉をやめて、出たお腹を引っ込めます♪
皆さんも一緒にやりませんか?

ダイエットアロマ

アロマ(精油)にも、食欲を抑える働きがあります。
お腹が空いたなと思った時に、香りを嗅ぐのもGOODです。
アロマの講座では、ダイエットアロマを使用したペンダント作りを開催しております。
ご予約は、「アロマペンダント作成講座」こちらから↓

講座の予約ボタンです。

関連記事

  1. ハンド・トリートメント
  2. 頭を抱えて寝転がるほど悩む女性

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP