心とカラダのブログ

身体を害する嗜好品

今日は、健康を害するものである煙草について、書いていきます。

 

まず、煙草が人間の身体に良くないものとして、まずニコチンやタールがあげられますね。

その他にも、一酸化炭素があります。

 

ニコチンは、血管収縮を起こし、それにより心臓への酸素供給が低下します。

また、ビタミンCを破壊します。

 

タールは、発ガン物質が60種類以上含有しています。

一酸化炭素は、酸素より早く赤血球と結合するので、身体に必要な酸素量は低下します。

 

「煙草は数本ならば健康には問題ないし、吸ったからと言って必ず癌にはならない。我慢する方が癌になるんだ!」と、おっしゃる方がいらっしゃいますが、大切な家族のことを考えたら、ご自身の健康を害する恐れがあるものは、排除していくに尽きると思いませんか?

 

我が父親ですが、若い時はヘビースモーカー(1日に2箱)でした。

年末の大掃除の時に、柱を拭くのですが、なかなか柱の「木」が見えない位にヤニが酷かったのです。

父が45歳になる年に、体調を崩し禁煙に至った訳ですが、もう既に遅し「肺気腫」になっていたようです。

健康な肺がないわけですから、肩で息をする&歩くと息切れする…考えただけでも苦しいですよね。

そんな状態になる前に、禁煙出来るに越したことがありません。

 

でも、煙草は常習性があります。

血中のニコチン量が減ると、イライラする

止めようとしても、止められない

 

 

そんな時は、香りで気分転換です。

精油ならば、「ネロリ」「ベルガモット」などが常習癖がある方にオススメです。

ご自身の健康の為、家族の笑顔のために、この機会に考えてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 手作り石けん・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP