心とカラダのブログ

筋肉痛を防ぐアロマ

筋トレ

アロマサロン心花に、いらっしゃるお客様は

  • ストレスが溜まりがちな方
  • リラックス&リフレッシュを求めていらっしゃる方
  • 肩こり&腰痛がある方
  • 頭痛持ちの方

の方が多いです。

マイナスをゼロまたは、プラスにする目的でリピートしてくださってます。

2015年9月からは、筋トレをしたあとのクールダウンとして、アロマサロン心花にいらっしゃる方が増えて来ました。

筋トレなどの激しい運動の後は、しばらくして筋肉痛が起きます。

早い段階で、クールダウン出来れば、筋肉痛による筋肉のパフォーマンスを下げなくて済みます。

つまりパフォーマンスが下がらないから、次のトレーニングに時間を注げますね。

筋肉を育てたい方に、アロマトリートメントを選んでいただけるようになりました。

その前に、なぜ筋肉痛になるのでしょうか。

筋肉痛が起きるわけ

筋肉痛のメカニズムの解明は、医学的にもまだ分かってない点が多々あるようです。

しかし現時点では、激しい運動によって筋繊維が傷つき、その傷を修復するために血液(白血球)が集まり、炎症が起きると考えられています。

年を取ると筋肉痛が遅くなる?

筋肉は、筋繊維が集まって1つの束となり、更にその束がいくつも集まって、筋膜で覆われています。

筋肉痛として感じるのは、炎症が筋膜まで到達したときです。

また、よく使われている筋肉は、毛細血管が張り巡っていますので、直ぐに傷を修復しようとするために、痛みを感じるのが早いと言われています。

しかし、余り運動をしない筋肉では、毛細血管が出来ていません。

そのため炎症が起きるまでのタイムラグがあり、痛みが起きるまでの時間がかかるようです。

年齢というより、運動をしているか?してないか?ですね。

クールダウンするためのトリートメント

筋肉の繊維が傷つき修復するために、血液が集まると前途で書きましたが、この炎症が他の筋繊維に広がり、筋膜に到達する前にクールダウン出来れば、痛みも酷くなることはないですね。

また、急激に冷やすことは、血液の循環が悪くなり、疲労物質や老廃物が排泄せず、長時間とどまることになります。

そこで抗炎症作用がある精油を使い、老廃物を流すようにトリートメントを行います。

抗炎症作用がある精油

  • ガルバナム
  • カンファー
  • クミン
  • ペパーミント
  • カモミール・ジャーマン
  • コリアンダー
  • サイプレス
  • プチグレイン
  • ブラックペッパー

などがあります。

筋肉痛になりそうな時は、早めの対応でパフォーマンスを下げることなく、快適に育筋(筋肉を育てる)をしたいですね。

 

関連記事

  1. 桜・イメージ
  2. 女性同士の会話イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP