心とカラダのブログ

エネルギー不足になってしまったとき

やる気が出なかったり、たくさん眠ったはずなのに、ぼーっと1日を過ごしてしまう時は、心身が消耗しエネルギー切れになっている場合があります。

そんな時は、ハーブティーやアロマを取り入れるのも、改善策の一つですよ。

薬草だったハーブティー

ハーブティーに使われている植物は、古来より薬草として使用されていた植物です。

植物を乾燥させて煎じて飲んだり、またはフレッシュな葉を使い煎じて飲みます。

ぼーっとする時は、血液の流れを良くして、脳に血液を送れるよう血液循環をよくするハーブティーがオススメです。

  • タイム
  • ローズマリー
  • ギンコウ(銀杏)

無気力な時や抑うつ感があるときは、精神を安定させてくれる以下のハーブティーがオススメです。

  • ペパーミント
  • レモンバーベナ
  • レモンバーム
  • バジル

ギンコウ以外は、プランターで手軽に栽培ができるので、ベランダで育てながら、葉を摘み取りフレッシュハーブティーとしていただくのも良いですよ。

芳香浴ならアロマ

アロマ(精油)では、手軽にできる芳香浴をご紹介します。

アロマは人工的に合成されたものではなく、自然のものを使用してくださいね。

まず、香りというものは、何処にもあります。

身近なものですと、家の匂い、食べ物の匂い、車の匂いがありますね。

なかには、匂いを嗅いだ瞬間に、気持ちが悪くなる匂いもありますね。

例えば、昔の車のシートとか

香りによって、気分が悪くなったり、反対に気分が高揚する経験は、皆さんもあるのではないでしょうか。

眠気をスッキリ!ローズマリー&レモン

さて、前置きが長くなりましたが、朝起きてボーッとしているときは、ローズマリーやレモンの芳香浴がオススメです。

ローズマリーは、頭脳明晰効果がありますので、シャキッとさせたい時に使用します。

レモンや、その他柑橘系の香りは、太陽がサンサンと輝くように、元気を与えてくれます。

気持ちが滅入るときにも、オススメの香りです。

また、ローズマリーは活力を与えてくれる香りでもあるので、心身共にエネルギー不足の時に芳香浴として、使用するのも良いですよ。

眠りを誘うラベンダー?

以前、私は落ち込みから、なかなか脱出できない時がありました。

身体は疲れている筈なのに、妙に目が冴えてる。

そして、眠れても熟睡が出来ず、途中で目を覚ましてしまうことが多々ありました。

通常、眠りを誘うアロマは、ラベンダーと言いますが、ラベンダーでは全く改善できませんでした。

そして心が電池切れになっているので、眠る元気すらありませんでした。

当時、好んで嗅いでいたアロマが、ローズマリーでした。

起きている時も、眠っている時も、ローズマリーを身近で香らせていました。

「大丈夫だよ~」と、背中を押してくれるような、心地よい香りに、いつの日か安心して眠ることが出来ました。

  • やる気が出ない
  • 朝起きても疲れが取れない。
  • 集中できない。

など、状況は同じでも人によって、そこに至った理由が違います。

「眠りにはラベンダー」

「集中力を得るには、ローズマリー」と言いますが、ぜひ、あなたに合ったアロマを、日常に取り入れてくださいね。

貴女に合ったアロマを見つけたい方は

貴女に合ったアロマを見つけたい方は、アロマのマッサージがオススメですが、気軽に楽しめるアロマの講座などもオススメです。

アロマサロン心花では、50種類以上の精油を常時扱っています。

あなたに合う精油や、ハーブティーを見つけてみませんか?

 

関連記事

  1. エコ・イメージ
  2. 血圧測定/イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP