心とカラダのブログ

ミルラ(没薬)

スーダン・ソマリア・南アフリカなど、乾燥した高地に自生する植物です。

ミルラは、樹高が3メートル程の低木です。

白い花をつけ、葉に芳香があります。

樹脂から精油を抽出しますが、フランキンセンスと同様に、古代から珍重されてきた香料です。

防腐効果が高いため、ミイラ作りに用いられ、ミイラの語源にもなった植物です。

和名では没薬(もつやく)。→検索キーワードに引っ掛かるのは「ぼつやく」ですが

主な成分と作用

  • クミンアルデヒド
    抗ウィルス・防腐作用
  • リモネン
    抗ストレス・鎮静・消臭作用
  • α-ピネン
    強壮・血行促進・抗菌作用
  • オイゲノール
    殺菌作用

香り

香りは、甘苦いジャコウを連想させるような香りです。

クミンアルデヒドが入っていることから、歯医者さんの薬のニオイと表現される方もいらっしゃいます。

単体で香りを楽しむより、香りを保つ性質があるので、トップノートまたはミドルノートの香りと合わせるのがオススメです。

オススメの使い方

冬になると、しもやけ・ひび・あかぎれなどで辛い方は、特にオススメです。

朝晩のスキンケアとして使用されると良いです。

材料

(30グラム作る場合)

  • ミツロウ10グラム
  • 植物油(ホホバ・マカデミアナッツなど)20CC
  • ミルラ6滴
  • ケース

作り方

  1. ミツロウと植物油を小さな鍋に入れて、湯煎にかけます。
  2. 完全に溶けたら、クリーム状になるまで冷まします。
    冬は直ぐ固まるので要注意
  3. かき混ぜながら、精油を入れます。
  4. ケースに流し入れて、固まったら出来上がりです。

1ヶ月で使い切ってください。

科名 カンラン科
学名 Commiphora myrrha  Commiphora abyssinica
産地 エジプト・ソマリア・モロッコ・エチオピア
採油方法 樹脂・水蒸気蒸留法
揮発速度 ベースノート

関連記事

  1. 桜・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP