心とカラダのブログ

セージ

和名では、ヤクヨウサルビアと呼ばれています。

セージは、大変多くの種類がありますが、薬用や料理として使用されるものは、ヤクヨウサルビアだけです。

ヤクヨウサルビアは、コモンセージまたはガーデンセージとも呼ばれています。

セージという英名が、ラテン語のsalvare(救う・いやす)からきたと言われています。

主な成分

  • α-ツヨン
  • β-ツヨン
  • カンファー
  • 1.8シネオール
  • カンフェン
  • α-ピネン
  • β-ピネン

作用

  • 抗菌・防腐作用(ツヨン)
  • 血行促進・鎮痛・消炎作用(カンファー)
  • 抗炎症作用(1.8シネオール)
  • 抗菌・抗炎症作用(カンフェン)
  • 食欲増進(ピネン)

汗を抑える作用や、更年期の不定愁訴を緩和してくれます。

ローマや中国の人たちは、不妊治療や強壮剤として使用されていたようです。

また、ヨーロッパでは

  • セージのある家には病人がいない。
  • 長生きしたければ5月のセージを食べよ。

というコトワザがあります。

また、ソーセージを作る時に、香辛料としてセージを使うことから、ソーセージの名前が付いたとか

 

香り

クリアーな、スッキリとした香りです。

香りが強いので、ブレンドする際は少量使用することがオススメです。

テンションを上げてくれる香りなので、落ち込んだ気分を和らげてくれます。

 

科名 シソ科
学名 Salvia officinalis
産地 ユーゴスラビア・地中海地方
採油方法 全草・水蒸気蒸留法
揮発速度 トップノート

妊婦・乳幼児・高血圧の人には使用できません。

関連記事

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP