心とカラダのブログ

女の子の日

女の子の日になる前や、最中を皆さんはどのように過ごしていますか?

なんでもないわ~とおっしゃられる方や、お腹が痛くなったり、便秘になったり気分すぐれない方もいらっしゃると思います。

ホルモンの変調で、体調を崩される状態を月経前症候群(PMS)、更に自分でもコントロール出来なくなる場合を、月経前不快気分障害といいます。

月経前症候群(PMS)

生理の2週間前頃から起こる不快な症状。

生理が始まると、症状は軽くなり消失する。

症状としては、下腹部の痛みや張り、胸の張り、むくみ、肌トラブル、注意力散漫、イライラ、眠気など

 

月経前不快気分障害(PMDD)

心の状態がコントロール出来なくなり、日常生活に支障をきたす症状。

睡眠もとれなくなり、攻撃的になったり、絶望感や悲壮感にとらわれ、人間関係も円滑にいかなくなる。

このPMSやPMDDは、女性ホルモン作用により、 脳内の化学物質であるセロトニンが減少し、その減少度合いによって、出る症状だと現在は考えられているそうです。

難しい話は、さておきまして…

 

私も、10代~20代の頃は、月経1週間前になりますと胸が張り、触ると痛いことから、そろそろ始まるなという合図にしていました

満員電車で、隣の人と触れてしまったら、痛みが走る感じのレベルでしたので、結構苦痛でした。

出産後は、身体の状態が変わったのでしょう、胸の痛みはなくなり、イライラが合図となりました。

このイライラがクセモノです

 

何でもないことなのに、常にイライラしているのですから

よく自分に問いかけていました。なんでイライラするのかを。

 

結局、PMSが女性ホルモンに関係するなら、ホルモン作用がある精油を使ってみよう!と思い立ち、月経前はリラックス出来る精油(クラリセージ・サンダルウッド・ゼラニウム)を使用し(ハンカチに1~2滴垂らして、嗅ぐだけでもOK)月経が軽くなる頃から、リフレッシュ出来る精油(サイプレス)を使用しました。

 

それを繰り返して、女の子の日を過ごしていたせいか、ほぼ気にならなくなりました。

精油は、薬ではないので個人差はあると思いますが、もし悩まれていたら試してみるのも良いかも♪

 

 

関連記事

  1. 手作り石けん・イメージ

メルマガ登録

メルマガ限定の情報やクーポン券配布、ちょっとブログでは書けないアロマに関する裏話などをお送りします。
ぜひご登録ください。
mailmag_min
バックナンバー

サイト内検索

PAGE TOP